ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

『League of Legends』がDDoS攻撃の被害、犯人は一握りのプレイヤー

September 27, 2012(Thu) 11:50 / by Rio Tani

海外で高い人気を誇るFree-to-PlayのMOBAタイトル『League of Legends』ですが、本作のゲームサーバーがDDoS攻撃による深刻な被害を受けていたことが分かりました。

これは開発・運営元Riot Gamesが先週公式フォーラム上で発表した情報で、一部ではハッキングの恐れも懸念されていた中、実際は、一握りのプレイヤーが意図的なDDoS攻撃を行い、進行過程にあるゲームを中断させようと試みていたとのこと。

この問題を受けて既にHotfixが導入されており、依然としてゲーム中のラグ発生やディスコネクトの可能性はあるものの、試合が無効になることはなく、自動的に再接続されるように修正されているそうです。

Riot Gamesは、DDoS攻撃を行ったプレイヤーを断定し、永続的にアカウントをBANすると共に、法的な手段で対応していく旨を報告しています。(ソース: League of Legends Community)

【関連記事】
欧米で最もプレイされるPCタイトルは『League of Legends』−調査会社調べ
チャンピオン勢揃い!中国ファンの『League of Legends』コスプレ演舞
『League of Legends』の新モード“Dominion”がリリース!
F2PのDotA『League of Legends』の登録ユーザー数が1,500万人に
『Mass Effect 3』のリードデザイナーが『LoL』のRiot Gamesに移籍
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

no image