ハードコアゲーマーのためのWebメディア

2012*年末企画 海外で密かにブームを見せる都市伝説ゲーム『スレンダーマン』特集

ニュース 最新ニュース


多種多様なホラーゲームが登場した2012年もそろそろ終わりが近づいていますが、今年の夏に海外で密かに話題となっていた都市伝説『スレンダーマン』ゲームはもうプレイしたでしょうか?同記事では火付け役となった『Slender』を筆頭に、現在海外インディーズ分野にて密かにブームとなっている『スレンダーマン』ゲームをまとめてご紹介いたします。


■海外で広まる恐怖の都市伝説『スレンダーマン』とは?

海外では幾つか有力視されている説があるものの、スレンダーマンがいかなる存在であるのかは、今日に至るまで完全には明らかにされていません。我々の妄想が具現化した存在であるのか、或いは異次元に住む未知の存在なのか……?彼らは2mをゆうに超えそうな高い身長、それに似合わない細く薄い体、黒いスーツを着こんだ姿と、目も口も無い日本ののっぺら坊のような無面の顔を持ちます。また両腕は自由自在に伸縮し、背中からは複数の触手が生えているとも言われます。

この異様な風貌とあわせ、スレンダーマンに関して特筆すべきなのが“スレンダー病(Slendersickness)”です。スレンダーマンに関わった者は記憶障害、不眠症、偏執病といった病状を患い、また彼の姿をあまりにも近くで直視すると、激しい咳や吐血と共にその場に倒れこんでしまいます。彼の姿を撮影したムービーなども、激しいノイズが走り歪んだ映像となることが確認されています。

スレンダーマンはあらゆる場所に現れるテレポート能力“スレンダーウォーキング(Slenderwalking)”も持ちあわせており、彼はターゲットと決めた人間をしつこくどこまでも追い回し、上記の“スレンダー病”で精神的に衰弱させていきます。どのような理由で彼がこのような行動を繰り返すのか……?それはスレンダーマンを考察する上で最大の謎の1つとなっています。

* * * * * * * * *


No.1『Slenderman - the Game』
公開: 2011年10月 開発: Green Meteor Team 区分: フリーゲーム(DL先



Slenderman - the Game』は海外の開発チームGreen Metor Teamが、64Digitsのホラーゲームコンペに投稿したという2011年10月公開のゲーム。『スレンダーマン』を題材にした作品としてはブームの火付け役となった『Slender』よりも前に登場しており、同ジャンルの元祖的な存在であると言われています。故障した車から降りて近くの民家に助けを求める……といった感じの一人称視点ADVゲームで、セーブやオプションは無く20〜30分程度でプレイが終わるなどボリュームはかなり少なめ。一方で以降で紹介する作品とは一味違った白黒グラフィックや恐怖演出はかなり味わいのあるものとなっており、『スレンダーマン』ファンならプレイ必須の作品です。



No.2『Slender: The Eight Pages』
公開: 2012年7月 開発: Parsec Productions (Mark J. Hadley&Paul Cano) 区分: フリーゲーム(DL先



2012年のスレンダーマンゲーム火付け役となったのがこの作品『Slender: The Eight Pages』。スレンダーマンの脅威から逃れつつ暗闇に覆われた森の中を彷徨い8枚のメモを発見するという内容で、後の『スレンダーマン』ゲームの“スレンダーマンから逃れながらアイテムを全て収集する”という基本ルールを初めて構築した作品と言えます。同作もセーブ機能は無くプレイ自体は十数分で終わりますが、メモを取る毎にスレンダーマンがより攻勢に転じるという仕様があり、電池が切れると使えなくなるライトなども相まって全メモを取得するのはかなりの難易度。なおクリアすると“Marble Honetsモード”や“$20モード(最新バージョンでは著作権の問題により削除済み)”が解禁されますが、プレイした方は見ることができたでしょうか。



No.3『Haunt』
公開: 2012年11月 開発: ParanormalDev 区分: フリーβバージョン(DL先



現在プレイ出来る『スレンダーマン』ゲームの中では最も美しいグラフィックを誇る『Haunt』。『The Eight Pages』のゲームプレイを継承しつつも、“プロトタイプでは無い『スレンダーマン』ゲーム”を目指すインディーズプロジェクトとなっており、独自のストーリーやゲームセーブ機能、難易度、NPC、ドアや高度といった概念、隠しメッセージを発見できる“U-Vision”などなど、フルゲームに相応しいだけの要素が搭載される予定となっています。現在β版ということですが無料ということを考えれば十分に遊べる作品。初代『Slender』などでグラフィックに不満があってプレイしなかった、という方にはぜひ挑戦してみて欲しいタイトルです。



No.4『Faceless(Slender: Source)』
公開: 2013年Q1予定 開発: Ethereal Entertainment 区分: 『Half-Life 2』Mod(Mod DB



Steamにて配信して欲しいゲームを選出するSteam Greenlightにも登録されている『Half-Life 2』Mod作品。初代『Slender』とゲーム内容はほぼ同じながら(こちらはマップ内の人形を集める)、より格段にアップしたグラフィック表現や数種類の新規マップに加え、最大4人でプレイできるCo-opモードも搭載。マップ内のバラバラの位置からスタートした4人のプレイヤーは、ある程度の距離に近づかないとチャット不可、死亡しても会話がでができなくなるというハードコアな仕様。どのようなゲームプレイが楽しめるのか今から楽しみの作品となっています。



No.5『The Legend』
公開: 2013年中旬 開発: Elder Productions 区分: 『Crysis 2』Mod(Mod DB



『Crysis 2』Modとして製作が続けられている『スレンダーマン』タイトル『The Legend』。『Faceless』と同じくSteam Greenlight登録済み。こちらは『Slender』にて登場したメモの要素は実績の扱いとなっており、生き残ることを目的にプレイするサバイバル色の強い作品となっているようです。独自のストーリーが描かれるキャンペーンやフリーロームのサバイバル、Co-opといった各種モードが搭載される予定で、またAIの仲間たちと連絡をする携帯電話や、走る速度など性能が違うキャラクターなど、今までの『スレンダーマン』ゲームには無かった独自の要素が盛り込まれる意欲作となっています。



No.6『Slender: The Arrival』
公開: 2013年初旬 開発: Parsec Productions/Blue Lsle Studios 区分: シングルゲーム(PC/Mac、PSN/XBLA/モバイル)(公式サイト



海外の他の開発者たちが『スレンダーマン』ゲームを発表する中、今年9月に初代『Slender』製作者率いるParsec ProductionsとBlue Isle Studiosが発表した『Slender: The Arrival』。前作や他作品とは違い完全な商用タイトルとして開発されており、それに見合うだけのグラフィッククオリティアップやレベルの追加が施されています。価格は20ドル以下、またPSN/XBLA/モバイルでのリリースも視野に入れられているとのこと。初代『Slender』製作者のParsec Productionsが参加するほか、代表的な『スレンダーマン』映像作品Marble Hornets撮影陣とのコラボレーションも実現するなど、『スレンダーマン』ファンからも大きな期待が寄せられている作品。

* * * * * * * * *


来年前半にかけても続々と登場していく予定の『スレンダーマン』ゲームたち。この他にも『Slenderman's Shadow』シリーズ『Slender's Woods』、iOS向けの『Slender-Man』なども登場しており、ファンの方はチェックしておきましょう。

こちらもチェック! 2012*年末企画記事一覧
『2013年期待の新作』TOP50
『大作に隠れた良作ゲーム』TOP10
時代と共に変わる『人気ゲームキャラクター達の進化図』
『メタスコアで見る今年の残念ゲー』TOP20
『Game*Sparkスタッフが今年最も遊んだゲーム』TOP5
『凄く遊べる原作物キャラクターゲーム』TOP5
『海外で最も評価された国産ゲーム』TOP20
『ランキングネタ・TOP10系記事』TOP10
『ゲーム創作コンテスト』結果発表!
忍耐!『Valveタイムひとまとめ』
『あなたがきっと知らないゲームトリビア』50選
『厳選!海外セクシーゲームコスプレ写真集』30ショット+オマケ
あぁ、あの頃君は若かった!『海外クリエイターの昔と今』
『十年以上の時を経て今年再始動した名作』5選
『最もたくさん読まれた記事』TOP10

【関連記事】
海外の都市伝説スレンダーマンを題材にした『Slender: The Arrival』ティザー映像が公開
都市伝説スレンダーマンのYouTubeシリーズ制作陣が『Slender: The Arrival』開発に参加へ
初代『Slender』開発者が都市伝説ホラーゲーム『Slender: The Arrival』を正式発表
海外の都市伝説“スレンダーマン”をテーマにした『Crysis 2』Mod『The Legend』が登場
SourceEngineリメイク版『Slender: Source』のティーザートレイラーが公開
海外の都市伝説“スレンダーマン”を題材にしたホラーゲーム『Slender』
《ishigenn》

ニュース アクセスランキング

  1. F2PタクティカルTPS『Tom Clancy's Ghost Recon Phantoms』12月サービス終了へ

    F2PタクティカルTPS『Tom Clancy's Ghost Recon Phantoms』12月サービス終了へ

  2. インサイダー登録者向け『バトルフィールド 1』OBTは1日早く先行実施!

    インサイダー登録者向け『バトルフィールド 1』OBTは1日早く先行実施!

  3. 『ライフ イズ ストレンジ』開発元の新作『Vampyr』15分のプレアルファ版プレイ映像

    『ライフ イズ ストレンジ』開発元の新作『Vampyr』15分のプレアルファ版プレイ映像

  4. 【GC 2016】名匠ケン・レヴィンが贈る珠玉の三部作、『バイオショック コレクション』体験レポート

  5. 今さら聞けない『Minecraft』のはじめかた ― 登録から購入、起動までの導入編

  6. F2Pシューター『Halo Online』開発中止、正式リリースならず

  7. カプコンが『バイオハザード7』体験版のヒントを投下!―人形の指が示すものとは…

  8. Battle.netにFacebook連携のゲーム配信機能「ブリザードストリーミング」が実装!

  9. 『DARK SOULS III』最新レギュレーション1.09配信決定―性能が大量調整

  10. PS4/Xbox One向け『Fallout 4』追加DLC第5弾「Vault-Tec Workshop」国内配信日決定!

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top