ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

2009年に開発中止となったスチームパンクファンタジー『Edge of Twilight』が再発表

December 29, 2012(Sat) 13:42 / by FURUKAWA

本日、FuzzyEyesとJDJCは、2008年に発表され、翌年スタジオのレイオフと共に開発が中止となったスチームパンク風ファンタジーアクションADV『Edge of Twilight』を再発表しました。対象プラットフォームは、Playstation 3、Xbox 360となり、2013年夏に発売予定。尚、当初予定されていたPC版についてのアナウンスは今のところありません。

『Edge of Twilight』は、昼夜で異なる文明が繁栄する世界が舞台。プレイヤーは主人公Lexを操り、昼夜を逆転させ、自身の外見をそれぞれの種族に変化させゲームを進行していくアクションアドベンチャータイトル。残念ながら、今回は新たなスクリーンショットやトレイラーは披露されていないようです。

更に『Edge of Twilight: Horizon』と題したiOS向け無料アプリの配信も決定。こちらは『Edge of Twilight』の前日譚が展開し、コンソール版の主人公となるLexが重要な敵として描かれていくとの事。


2008年に東京ゲームショウでも公開されたトレイラー
(ソース: Joystiq, プレスリリース

【関連記事】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

no image