“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

拘束されていた『ArmA』開発Bohemiaのメンバー2人がついに帰国、空港にて涙の再会

January 18, 2013(Fri) 20:29 / by ishigenn


先日ついに128日間の拘束期間を経て保釈されたことをお伝えしたBohemia Interactive StudioのスタッフIvan Buchta氏、Martin Pezlar氏ですが、両名が無事母国チェコの空港に戻り、長期に渡り不安を感じていたと思われる家族や友人たちとの再会を果たしたことが地元チェコのメディアにて報じられました。

地元チェコのメディアiDNES.czが報じた映像では、両名が涙ながらにかつて親交のあった人々と再会を果たす様子が確認できます。一方で今回の母国への帰還は先日もお伝えしたとおり手続き金を支払った上での“保釈”によって実現したものであり、今後もスパイ容疑は解かれず、事件の捜査が続けられることがギリシャ側の裁判員より明らかにされています。

昨年9月に休日観光で訪れていたスタッフ2名がスパイ容疑でギリシャにて逮捕され、年を跨ぎ約4ヶ月に渡り拘束されていたという今回の事件。同年11月にはチェコ大統領がギリシャの大統領に事態の解決を求める書面を出すという、国際的な外交問題にまで発展していました。
(ソース: CVG)

【関連記事】
ギリシャで拘束されていたBohemia Interactiveスタッフ2名が保釈、拘束期間は128日に
ギリシャで拘束中の『ArmA III』開発者2名が支持者への手紙を公開
『ARMA III』開発スタッフのスパイ容疑が両国の大統領問題へと発展
Bohemia Interactive、『ARMA III』開発スタッフがスパイ容疑で拘束された件の続報を発表
ギリシャのリムノス島にて『ARMA III』の開発スタッフがスパイ容疑で拘束される
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

no image