TerrariaライクなSF風2Dアクション『Edge of Space』のトレイラー公開、Steam Greenlightで賛同者募集中 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

TerrariaライクなSF風2Dアクション『Edge of Space』のトレイラー公開、Steam Greenlightで賛同者募集中

ニュース 最新ニュース


SF的世界観で2Dフィールドを探索&戦闘する『Edge of Space』のトレイラーが公開されました。あわせて、Steam Greenlightで「いいね!」を募集しています。ジャンルはAction/ Adventure/RPG、プラットフォームはPC/Mac。クロスプラットフォームでのマルチプレイもできます。Greenligth入りしたのは昨年8月31日ですが、着々と開発を進めている模様。製作は、LordShaggyとReverb Publishing。

ベータテストはすでに始まっており、インディーズゲーム配信サービスDesuraなどで販売中。単体での価格は931円、サウンドトラックやアートブック、ゲーム内アイテムを同梱した『Edge Of Space Special Edition』は2,329円。いずれにも正式リリースの暁には特別なアイテムが付与されます。ベータなのに金を取るのかよ!と突っ込みを入れた方は、『Minecraft』あたりのことを思い出してみてください。

さて、冒頭の一文ならびに上掲トレイラーをご覧になれば一発でお分かりいただける通り、『Terraria』(国内題『テラリア』)風です。それもそのはず、『Terraria』のデベロッパーRe-LogicならびにRegidit氏が開発に協力したようで、Greenlight上に感謝のメッセージが記載されています。

宇宙の果てで基地を作る。

では『Terraria』の単純なクローンなのか?となるとそれは違いそうです。一見すると、おもに建築パートに使用するであろうブロック群がいかにも似ているため模倣作に感じられなくもありません。

しかし、動画再生1秒後から猛烈に伝わってくるスプライトの活気は、IGAこと五十嵐孝司氏の探索型『ドラキュラ』シリーズを彷彿とさせます。また、メカまわりの息遣いは、日本が生んだドット絵の極北『メタルスラッグ』シリーズすら連想するところです。50秒動画を観ることすら億劫な方は、せめてアイコンだけでもご確認ください。

肝心のゲーム部分のほうにも個性付けがなされています。スピーディーな建築、搭乗兵器、カスタムアーマーなど、ハードSF風世界観を活かす形の要素が複数織り込まれているのが確認できます。ほかにSteam上で紹介されているのは、ガス・シミュレーションや、送電システム、協力兵器、非直線な成長要素、反応する環境、大目標("global goal")、ユニークなクラフトシステムなど。さらに、充実したチャット機能の実装や、MOD制作ツールの提供予定など、ゲーム外でのサービス精神も光ります。探索アクションとして『Terraria』の完成度が相当高かったためどうしても比較してしまいますが、期待を裏切らないでくれそうです。

対話が成立しない場合はコレだ。

いくつかの点で物議を醸した国内版『テラリア』をあと少し待つ間、『Edge of Space』へ投票して早期リリースに貢献しておくのも精神衛生に悪くはありません。(ソース: Steam Greenlight via Destructoid)
《Gokubuto.S》

ニュース アクセスランキング

  1. 「女性ゲーマーが好むジャンル」海外調査結果―1位は農業シムなど

    「女性ゲーマーが好むジャンル」海外調査結果―1位は農業シムなど

  2. 2016年のPCゲームハードウェア売上は全世界300億ドル、アジア市場に強い勢い

    2016年のPCゲームハードウェア売上は全世界300億ドル、アジア市場に強い勢い

  3. なんだこれは…『オーバーウォッチ』西遊記イベントのスキンが出現

    なんだこれは…『オーバーウォッチ』西遊記イベントのスキンが出現

  4. 18禁アダルトゲームもSteamに登場か?海外ユーザー質問にValve社CEOが返答

  5. 『レインボーシックス シージ』Year 2ロードマップ!韓国/スペイン/香港/ポーランドから参戦

  6. 『ファイナルファンタジーXV』米国での発売初月セールスがシリーズ最高記録

  7. 牧場開拓ゲーム『Stardew Valley』日本語実装間近か―ニンテンドースイッチ版にも言及

  8. WRC公式ラリーゲーム『WRC 6』国内PS4向けに発売決定!日本語版特典も

  9. 『Portal』『L4D』デザイナーKim Swift氏がEAに移籍―Motiveで活動へ

  10. フロム・ソフトウェアが『アーマード・コア』新作の一部報道に回答

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top