ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『GRID 2』のコックピット視点非搭載の理由は“コンソール性能の制約”―Codemasters

PC Windows

北米で5月31日に発売が予定されているおよそ5年ぶりのレースゲームシリーズ新作『GRID 2』ですが、今作で採用されなかったコックピット視点についてCodemastersのプロデューサーVincent Muelle氏がコメントしています。前作の『GRID』はもとより、現世代のCodemasters製レースゲームではほぼ採用されているコックピット視点ですが、同氏によると現行機では技術的な制約が問題として浮上していたそうです。

「PC用のゲームならば間違いなくコックピット視点は搭載していた」と語るMuelle氏は、コクピット視点非搭載の決定は非常に難しいものであったとコメント。しかしながらその決定を下した事により、グラフィックの強化が実現し、更にpoint-to-pointイベントのコース距離の延長や、車種及びコースの追加など、更なるコンテンツの強化が出来たとして、この決定を残念には思っていないとしています。

昨年にはコクピット視点が非搭載という事実が判明し、一部のファンから批判の声も上がっていた本作ですが、同氏はコックピット視点に大きな敬意を表しているとするも、チームはゲームの全体を見る必要があったと決定の難しさを伝えています。(ソース: Videogamer)
【関連記事】
レッドブル・リンクやバルセロナトラックを疾走する『GRID 2』最新ゲームプレイ映像
パリの市街を駆けぬける『GRID 2』ゲームプレイトレイラーと最新スクリーンショットが解禁
ナイトレースもチラリ!Codemasters新作レーシング『GRID 2』最新ティザー映像
『GRID 2』の北米発売日が5月28日に決定、予約特典情報やボックスアートが公開
《Round.D》

PC アクセスランキング

  1. 『CoD: Infinite Warfare』マルチプレイヤーモードの初披露放送が近日配信!

    『CoD: Infinite Warfare』マルチプレイヤーモードの初披露放送が近日配信!

  2. PC版『Fallout 4』の最終DLC「Nuka-World」が日本語音声・字幕配信開始―本体バージョンも1.7へ

    PC版『Fallout 4』の最終DLC「Nuka-World」が日本語音声・字幕配信開始―本体バージョンも1.7へ

  3. 『シヴィライゼーション VI』インド国内向け映像―指導者はお馴染み「ガンジー」に

    『シヴィライゼーション VI』インド国内向け映像―指導者はお馴染み「ガンジー」に

  4. 『Rise of the Tomb Raider: 20YC』海外ゲームプレイデモ!アンデッドとの戦いも

  5. ナム戦FPS『Rising Storm 2』ヘリお披露目トレイラー!―海外ハンズオン情報も

  6. 『H1Z1: King of the Kill』PC版が9月に正式版へ―PS4/X1版は開発一時停止

  7. 『In Case of Emergency, Release Raptor』早期アクセス開始5日でフリーゲーム化

  8. PC版『Battlefield 1』オープンβなど最適化のGeForce新ドライバ372.70 WHQL配信

  9. 『バトルフィールド1』インサイダー向けOBTが全機種で開始―エリート兵科出現方法も!

  10. 人間の直感の意味を問いかける一人称パズル『The Turing Test』が配信開始

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top