ハードコアゲーマーのためのWebメディア

和製インディータイトル『九十九神』(『99 Spirits』)がクラウドファンディングIndiegogoでの資金調達に成功、英語ローカライズへ

ニュース 最新ニュース


日本国内のインディーズゲームサークルTORaIKI(トライキ)が開発した「正体当て和風RPG」こと『九十九神』(海外名『99Spirits』)が米国クラウドファンディングサービスIndiegogo(IGG)での資金調達に成功しました。

最終的に集まったのは7,556ドル。初期の目標金額は3,000ドル、さらにファンディスク追加の第2目標7,500ドルにも到達しています。集められた資金のうち30%はTORaIKIの元へ、残額で英語へローカライズされることになります。豪快に財布の紐を緩めた人もおり、TORaIKIは「諸々のグッズを本当に作ることになります」と趣深いツイートをしています。

ちなみに限度いっぱい999ドルを突っ込んだ方には、非公開フォーラムへのアクセス権やサイン入りカード、エンドクレジットへの名前記載から布教用にもう1本、さらにはキャラスティックポスター、限定Tシャツ、限定アートブック、コレクターズ・エディションや抱き枕、果てはIGG限定九十九神デザイン権まで、豪華プレゼントが予定されています。果たしてどこまでが想定の範囲内だったのでしょうか。

英語版トレイラー

Indiegogoのページで矢面に立っているのは独立系ローカライズ会社Fruitbat Factory。2012年にサークル焼肉万歳『とつげき!人間戦車』(海外名:『War of the Human Tanks』)のローカライズを手がけています。同作はIndieGames.comの2012年ストラテジーインディーゲームトップ10の中で4位に輝きました。なお、1位はFTL: Faster Than Light

Fruitbat Factoryいわく、「日本のユニークなPCゲームを英語で遊びたいゲーマーに、プロジェクトへの出資による支援を求めています」。『九十九神』もトレイラーを見ればすぐに伝わるとおり、下手に奇を衒うことのない和ゲーです。TORaIKIとFruitbat Factoryの連携もさることながら、終わった呼ばわりされたりする日本的ゲームが全くまだまだ死んでいないと鬨の声を上げたとも感じ取れます。


なお、『九十九神』は昨年のコミックマーケット83(C83)でも販売された作品ですが、全年齢対象作品なのでご安心を。価格はショップ価格 1700円/DL・イベント価格 1500円。さらに、プレイ時間は10時間~と明記。コンパクトかつ高クオリティなインディー(同人)ゲームとして誠実さも光ります。

また、本作はSteam Greenlightにも先月登録されています。今回の件を契機に「いいね」が投入されることは想像に難くありません。和ゲーの炎はまだまだ再着火されたばかりです。
(ソース: Indiegogo via Twitter @shinimai)
《Gokubuto.S》

ニュース アクセスランキング

  1. 英アマゾンに『Destiny: The Collection』が記載

    英アマゾンに『Destiny: The Collection』が記載

  2. アジア地域で開発中の「PS VR」タイトルは13本―中国/台湾などで制作進む

    アジア地域で開発中の「PS VR」タイトルは13本―中国/台湾などで制作進む

  3. 『ICO』思わせる雰囲気で話題となったPS4新作『Rime』は現在も開発中―まもなく最新情報を公開

    『ICO』思わせる雰囲気で話題となったPS4新作『Rime』は現在も開発中―まもなく最新情報を公開

  4. 『Alan Wake』のRemedyが韓国FPS『CROSSFIRE 2』のストーリーモード開発

  5. 『ポケモンGO』連動デバイス「Pokemon GO Plus」発売延期―準備に遅れが生じる

  6. 噂: 任天堂NXはNVIDIAのTegraを採用した携帯機に?―海外報道

  7. 終末世界列車『The Final Station』PS4版発表―PC版と同日配信

  8. 『Burnout』のクリエイターが新作ドライビングゲームの開発に着手!

  9. PS4『バウンド:王国の欠片』ゲーム情報が国内向けに公開―妊婦の内面世界を渡り歩く

  10. 『ディビジョン』拡張「アンダーグラウンド」最新アプデ1.3日本語パッチノート

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top