ハードコアゲーマーのためのWebメディア

スクエニ: 『Sleeping Dogs』 『Hitman: Absolution』 『Tomb Raider』のセールス記録は予想以下の結果に

ニュース 最新ニュース

先週行われた業績予想修正説明会にて60億円の通期赤字や和田洋一社長の退任が伝えられたスクウェア・エニックスですが、同説明会の概要が公式サイトにて改めて公開。スクエニが昨今注力していた『Sleeping Dogs』などHDタイトルのマイナスがエンターテイメント事業における大きな業績不振を生んでいたことが明らかにされました。

スクエニは10月の時点でHDタイトル含むデジタルエンターテイメント事業にて138億円の営業利益を予測していたものの、今回の説明会における業績予想は大きく落ち込んで10億円に。この128億円の予想差異のうち、80億円以上がHDゲームで出ていると和田社長は口上で伝えています。

スクエニの発表によれば、2013年3月期の販売本数見込みはダウンロード版を除き『Sleeping Dogs』が175万本程度、『Hitman: Absolution』が360万本程度、『Tomb Raider』が340万本程度

これに対しジャンルやメタスコアの点数などを踏まえた結果、『Sleeping Dogs』は200〜250万本程度、『Hitman』は450〜500万本程度、『Tomb Raider』は500〜600万本程度のセールスが妥当であると和田社長はコメント。これらのタイトルの予算はこの数値の8割から9割りで立てたものの、更にそれを下回るセールス記録となってしまった事も明らかにされています。

Metacriticでは80点以上の平均スコアを叩きだした3作。セールスはそれほど悪く見えないものの、スクエニが予想していたほどは伸びなかった模様

また和田社長は「欧米を中心としたグローバル展開については、高品質のゲーム制作という観点では、ある程度の結果を出しておりますが、収益モデルが旧態依然としたままであり、それに加えて販売力が想像以上に弱く、販売本数が足りなかったという点がございます」とも説明しており、特別損失として製作中のコンテンツの中止と廃棄を行い、収益が上がらないものを一掃していく方針も示しました。

実際には欧州のスタジオで数億円分の廃棄損、欧米で15億円の評価損。国内ではそれぞれ20億円分の廃棄損と評価損。これに米国のスマートフォン向け組織が閉鎖され10億円、また組織再編に関連する損失を加えて、特別損失は合計で約100億円となっています。

和田社長は「今回、環境変化に対応する様々な手は打ってきましたが、2011年度以降、良い業績が出せておりません。やるべきことはやってきたつもりですが、私の力が及ばず、このような結果になっていると思います。アミューズメント事業でマイナスが出て、欧米のコンソールゲームでマイナスが出て、ソーシャルゲーム等は良かったものの、MMOも期待したほど寄与していないという状況です」とコメント。「これまで蒔いてきた種が、偶然か必然か、全部マイナスでシンクロしてしまったため、当期は大きな赤字になっております」と業績不振の説明について締めくくっています。
(ソース: Square Enix Holdings)

【関連記事】
スクエニHD、通期は60億円の営業赤字に・・・業績予想を大幅修正、特損も計上
スクウェア・エニックス、和田洋一社長の退任を発表
スクエニHD、松田洋祐氏が代表取締役に就任
和田社長が『Sleeping Dogs』のセールスに言及「我々の強力なIPの1つとなる」
《ishigenn》

ニュース アクセスランキング

  1. ソニックが2人!?『Project Sonic』海外発表―NX/PS4/XB1/PC向けに開発中

    ソニックが2人!?『Project Sonic』海外発表―NX/PS4/XB1/PC向けに開発中

  2. PC版『ライフ イズ ストレンジ』EP1「サナギ」が国内でも無料配信中!

    PC版『ライフ イズ ストレンジ』EP1「サナギ」が国内でも無料配信中!

  3. 『オーバーウォッチ』が首位、ハードは大きな落ち込み―2016年6月の米国セールスデータ

    『オーバーウォッチ』が首位、ハードは大きな落ち込み―2016年6月の米国セールスデータ

  4. 『FIFA 17』日本版初回パッケージに槙野智章選手!サイン入りユニのプレゼントも

  5. 『ポケモンGO』ポケストップ効果で大手ゲーム小売GameStopの売上倍増―CEO「非常に満足」

  6. 『グランツーリスモSPORT』「カーパック」2種の国内向け情報解禁

  7. 配信開始の『Pokemon GO』ゲーム情報が続々公開―安全にプレイするための注意事項も

  8. マルウェアが仕込まれた偽『ポケモンGO』見つかる―McAfeeが注意喚起

  9. 『ディビジョン』拡張「アンダーグラウンド」最新アプデ1.3日本語パッチノート

  10. 今さら聞けない『Minecraft』のはじめかた ― 登録から購入、起動までの導入編

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top