ハードコアゲーマーのためのWebメディア

噂: Polygonが次世代Xboxの新機能を報告、ゲーム映像のキャプチャ機能や認証システム他

ニュース 最新ニュース

来る5月21日に次世代Xboxがいよいよお披露目になると噂されていますが、海外ゲームメディアのPolygonが独自の情報筋から入手したという次世代Xboxのディテールを伝えています。そこで伝えられたのは、ビデオキャプチャ機能の搭載や、ゲームソフトの認証手段、拡張した実績システムや、ソーシャル関連の情報などなど。

新たに伝えられた噂情報は以下の通りです

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


    ◆ゲーム映像のキャプチャー機能
  • キャプチャー機能はオン/オフの切り替えが出来る。
  • プレイヤーは特定のゲーム内イベントが発生した際に、自動でキャプチャーされる様に設定する事も可能。例としてヘッドショットを決めた時や、特定の実績を解除した時など。
  • キャプチャー映像はコンソールから直接YouTubeの様なソーシャルサイトにアップロード可能。
  • ソース曰く、次世代Xboxのキャプチャー機能は巻き戻してハイライトの選択も出来るハードディスクレコーダー的。
  • キャプチャーされたゲームプレイのハイライトは、FacebookやUstreamの様なネットワークサービスにもシェア出来る。
  • 詳細は不明ながら、MicrosoftはPS4の様なシェアシステムに取り組んでいる。

  • ◆ゲームの認証
  • 次世代Xboxはなんらかの形でAlways-on(常時接続)を必要とする。
  • Always-onは、コンソールと共に起動する一連のノンゲームエンターテイメントアプリ(ストリーミング映像サービスなど)や、海賊対策などをサポートすると考えられる。
  • 次世代XboxはDRMをサポートし、認証の為にインターネット接続が必要となる。これは今後変更される可能性もある。
  • ワンタイム認証やAlways-onといった認証方式はパブリッシャーが決定する事が出来る。
  • ワンタイム認証、Always-on、オフラインゲームプレイをサポートし、将来はパブリッシャーがより大きな範囲からゲームの著作権の保護を管理出来る事となる。

  • ◆実績の機能が拡張
  • 次世代xboxゲームではローンチ後に実績を追加する際に、DLCが必ずしも必要となる訳ではない。
  • 実績の条件も広がり、週末限定のチャレンジや、コミュニティチャレンジなどが設定可能に。
  • 同じデベロッパーの作品で、パブリッシャーが異なる場合でもクロスタイトル実績を設定出来る。
  • クロスタイトルやコミュニティ実績は全ての作品で必須条件。
  • クロスプラットフォームの実績も考えられている。
  • これは次世代Xboxと、コンパニオンアプリ、ウェブサイト、または特定のゲームタイトル(Xbox360でリリースされた前作など)との組み合わせで解除される。

  • ◆ソーシャル機能
  • TwitterやFacebookのようなソーシャルネットワークとより密接にする為に、Xbox Liveの機能を調整する事も視野に入っている。
  • フレンド数に上限は無い。
  • フレンドの追加方法も変化し、これまでの相互認証によるフレンド追加から、Twitterのようなお互いがリストに追加するかを選択出来る形式になる。

尚、この情報に対し、マイクロソフトのスポークスマンは“私たちは5月21日に次世代のゲームやTV、エンターテイメントの情報をお届けする事に興奮しています。現時点では他に伝えられる情報は何もありません”とコメントしています。(ソース: Polygon)
【関連記事】
Microsoftが5月21日にプレスイベントを開催、遂に次世代Xboxが発表か
海外メディアThe Verge: Microsoftの次世代XboxはGoogle TVと似た形でテレビの役割を引き受ける
次世代Xbox“Always-on”ツイート発言のAdam Orth氏がMicrosoftを退社
Microsoftが5月21日のイベントで次世代Xboxを発表−業界筋が指摘
次世代Xboxのローンチタイトルに『Ryse』や『Forza』新作などが登場―The Verge
次世代Xboxの“常時オンライン接続”ツイート騒動でMicrosoftが公式声明
噂: 次世代Xboxはゲームプレイ時もインターネット接続が必須か、一定時間のネット切断でプレイが中断
《Round.D》

ニュース アクセスランキング

  1. 英アマゾンに『Destiny: The Collection』が記載

    英アマゾンに『Destiny: The Collection』が記載

  2. アジア地域で開発中の「PS VR」タイトルは13本―中国/台湾などで制作進む

    アジア地域で開発中の「PS VR」タイトルは13本―中国/台湾などで制作進む

  3. 『ICO』思わせる雰囲気で話題となったPS4新作『Rime』は現在も開発中―まもなく最新情報を公開

    『ICO』思わせる雰囲気で話題となったPS4新作『Rime』は現在も開発中―まもなく最新情報を公開

  4. 『Alan Wake』のRemedyが韓国FPS『CROSSFIRE 2』のストーリーモード開発

  5. 終末世界列車『The Final Station』PS4版発表―PC版と同日配信

  6. 神戸市、『ポケモンGO』の対応を発表―プロジェクトチームや有識者会議の設置、大学に調査委託など

  7. 今さら聞けない『Minecraft』のはじめかた ― 登録から購入、起動までの導入編

  8. PS4『バウンド:王国の欠片』ゲーム情報が国内向けに公開―妊婦の内面世界を渡り歩く

  9. コンバットオンライン『War Thunder』国内向けサービス内容が公開―豪華声優もお披露目

  10. 今からはじめる『Dota 2』 ― Valveが贈るMOBAの魅力を徹底解説

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top