ハードコアゲーマーのためのWebメディア

噂: Microsoftの次世代Xboxはインターネット常時接続が無い状態でも動作可能か、内部メールが流出

ニュース 最新ニュース

今年に入りリーク情報で有名な海外サイトVG Leaksによる報道などを筆頭に海外で嘘か真か報じられていた次世代Xboxの”Always On”。次世代Xboxではゲームやアプリ起動時に常にインターネット接続が必要となり、切断した場合には起動や動作が行えなくなるというこの噂ですが、新たにこれを否定する情報が海外にて伝えられています。

これは1998年より続く老舗のテクノロジー系ニュースサイトArs Technicaが、次世代Xboxに関わるMicrosoft社員に向け送られた内部Eメールを入手したというもので、そこにはBlu-rayディスクの再生やシングルプレイヤーゲームのプレイなどがオフライン状態でも行えることが記されていたと報じています。

Durangoは今日のインターネットにおける寛容さを実現しつつエンターテイメントの未来をお届けする。我々のユーザーが期待しているようなインターネット接続が無い状態で動作するシナリオは多数存在し、それらはまさに起動中の接続状況に関係なく動作するというものである。これだけでは無いが含まれているのは、Blu-rayディスクの再生、ライブTVの視聴、そしてシングルプレイヤーゲームのプレイだ。

このオフラインでも動作可能であるというシナリオが、Xbox 360のように完全にオフライン状態でもゲームをディスクからプレイ可能なのか、あるいはSteamのようにゲームを一度インターネット上で認証すればその後はオフラインでプレイ可能であるかは不明となっていますが、シングルプレイヤーゲームがオフラインに対応していることは”Always On”報道の中で噂ながらも初めて囁かれたところとなっています。

次世代Xboxが登場するのではと目されているMicrosoftのイベントは5月21日に実施予定です。
(ソース: Ars Technica)

【関連記事】
次世代Xbox向け『PGR5』がついに登場か?Lucid Gamesが5月中旬にエキサイティングなニュースを発表へ
ピーター・モリニュー氏が次世代Xbox発表と目される5月21日のイベントに登場へ、新たな“何 か”を発表か
噂: Respawnの第1弾タイトルは次世代Xbox独占で発売、歩兵&メックのSFオンラインシューターに
壁一面をディスプレイにするMicrosoftの“イルミルーム”最新デモ映像が登場、次世代Xboxとの絡みも示唆
噂: Polygonが次世代Xboxの新機能を報告、ゲーム映像のキャプチャ機能や認証システム他
《ishigenn》

ニュース アクセスランキング

  1. 英アマゾンに『Destiny: The Collection』が記載

    英アマゾンに『Destiny: The Collection』が記載

  2. アジア地域で開発中の「PS VR」タイトルは13本―中国/台湾などで制作進む

    アジア地域で開発中の「PS VR」タイトルは13本―中国/台湾などで制作進む

  3. 『Alan Wake』のRemedyが韓国FPS『CROSSFIRE 2』のストーリーモード開発

    『Alan Wake』のRemedyが韓国FPS『CROSSFIRE 2』のストーリーモード開発

  4. 『ICO』思わせる雰囲気で話題となったPS4新作『Rime』は現在も開発中―まもなく最新情報を公開

  5. 噂: 任天堂NXはNVIDIAのTegraを採用した携帯機に?―海外報道

  6. 終末世界列車『The Final Station』PS4版発表―PC版と同日配信

  7. 『ポケモンGO』連動デバイス「Pokemon GO Plus」発売延期―準備に遅れが生じる

  8. 今さら聞けない『Minecraft』のはじめかた ― 登録から購入、起動までの導入編

  9. PS4『バウンド:王国の欠片』ゲーム情報が国内向けに公開―妊婦の内面世界を渡り歩く

  10. 『ディビジョン』拡張「アンダーグラウンド」最新アプデ1.3日本語パッチノート

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top