ハードコアゲーマーのためのWebメディア

視聴者からの苦情を受け、オーストラリアで『Dead Island: Riptide』のCMが放送禁止に

ニュース 最新ニュース

英国のセールスチャートで数週間にわたりトップを独走し、国内では7月11日にリリース予定の『Dead Island: Riptide』ですが、オーストラリアでは一部視聴者の苦情を受け、本作のCM映像が放送禁止の事態となっていたようです。

そのCM映像は打ち上げられたボートの中に身を寄せる男女を描いたトレイラーで、ゾンビの侵攻で窮地に陥った2人が爆弾で自殺を図るといったもの。映像の最後には首をつったシルエットのロゴも挿入されており、この映像を見た視聴者からオーストラリアの広告審査委員会(Advertising Standards Board)に対して複数の苦情が寄せられていたそうです。

該当の映像。ゾンビが間近に迫り、2人は自殺を決断……。

オーストラリアで本作の流通を手掛けるAll Interactive Entertainmentは、映像の最初のシーンは主人公の自殺を意味しているが、ゾンビに囲まれた状況で直ぐにファンタジーと理解出来る文脈が用意されているとして、現実世界の自殺とは意味が異なるとコメント。その一方で委員会は、大人向けゲームの広告として映像に文脈があるとはいえ自殺は正統化出来ない暴力の描写としており、放送禁止の決定を下したようです。(ソース: CVG)
【関連記事】
物議を醸した『Dead Island: Riptide』のグロテスクな限定版が欧州の一部店舗で販売へ
『Dead Island』限定版の“ビキニゾンビスタチュー”についてDeep Silverが謝罪
閲覧注意!『Dead Island: Riptide』のかなりグロテスクなXbox 360限定版“Zombie Bait Edition”が発表
Deep Silverが『Dead Island: Riptide』テーマのゾンビ結婚式を挙げたい新郎新婦を募集
Steamホリデーセール3日目: 『Dota 2』『Dead Island』などが登場
《Round.D》

ニュース アクセスランキング

  1. 任天堂、『ポケモンGO』が業績に与える影響は「限定的」と言及

    任天堂、『ポケモンGO』が業績に与える影響は「限定的」と言及

  2. DC格闘『Injustice 2』最新トレイラー、悩殺ワンダー・ウーマンが参戦!

    DC格闘『Injustice 2』最新トレイラー、悩殺ワンダー・ウーマンが参戦!

  3. 『FIFA 17』日本版初回パッケージに槙野智章選手!サイン入りユニのプレゼントも

    『FIFA 17』日本版初回パッケージに槙野智章選手!サイン入りユニのプレゼントも

  4. ソニックが2人!?『Project Sonic』海外発表―NX/PS4/XB1/PC向けに開発中

  5. 『ポケモンGO』ポケストップ効果で大手ゲーム小売GameStopの売上倍増―CEO「非常に満足」

  6. 今さら聞けない『Minecraft』のはじめかた ― 登録から購入、起動までの導入編

  7. 『オーバーウォッチ』が首位、ハードは大きな落ち込み―2016年6月の米国セールスデータ

  8. マルウェアが仕込まれた偽『ポケモンGO』見つかる―McAfeeが注意喚起

  9. PS4『エースコンバット 7』が国内向けに正式発表!オーシア連邦が存在する架空世界へ再び

  10. 『グランツーリスモSPORT』「カーパック」2種の国内向け情報解禁

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top