“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

Ready At Dawn Studios新作『The Order: 1886』の幾つかのディテールが明らかに

June 26, 2013(Wed) 02:43 / by RIKUSYO


今月中頃に行われたプレイステーション E3 2013 プレスカンファレンスにて正式発表されたReady At Dawn Studios開発のPlayStation 4向け新作『The Order: 1886』ですが、PlayStation.BlogにてReady At Dawn Studios共同創立者Ru Weerasuriya氏へのインタビューが掲載。本作の幾つかのディテールが明らかとなっています。

  • シューティング要素を持つサードーパーソンアクションアドベンチャー。

  • 深くストーリーに基づいている - リニアなストーリーベースゲーム。

  • Ready At Dawn Studiosは物語を語ろうとしており、それは映画のような経験。

  • ロンドンが舞台となったのは、世界的に大きな都市の1つであり、多様性と多くの歴史的瞬間があるため。特に19世紀の終わり、産業革命の最中には非常に面白い歴史がある。

  • ロンドンの都市は完全再現ではないが、できるだけ忠実に再現されている。

  • 一部実在しないものや移動されたロケーションがある。

  • プレイヤーは実在の人々、実在の出来事、実在の場所と相互に作用するだろう。

  • 『The Order: 1886』にはReady At Dawn Studiosが過去10年にわたって学んだ経験の全てを注いでいる。

  • 瞬間から瞬間のゲームプレイはあなたが本当に期待するものではないかもしれない。

  • 全体的には映画のような経験。

  • ゲームは多くの物理的特性を再現しており、エンジンには物理的なレンズを構築。非常に現実的な方法で撮影されている。

  • ゲーム中のロンドンも汚い。

発表トレイラー
これはプリレンダではなくリアルタイムの映像なのだそうです

果たして本作では一体どのようなゲームプレイが展開するのか、今後の続報にも期待です。
(ソース&イメージ: PlayStation.Blog)

【関連記事】
E3 2013: Ready at Dawn Studios開発のPS4向け新規IP『The Order 1886』が発表
SCEAが“The Order: 1886”なる商標を出願、Guerrilla Gamesの新規IPと予想する声も
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

no image