“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

スクエニ、ゲーマーがゲームのアイディアを審判する「Square Enix Collective」を正式発表

スクエニ、ゲーマーがゲームのアイディアを審判する「Square Enix Collective」を正式発表

October 09, 2013(Wed) 10:03 / by ishigenn

本日スクウェア・エニックスは、クラウドファンディングサイトindiegogoとパートナーシップを結び、新たなプラットフォーム「Square Enix Collective」を海外向けに正式発表しました。オープンされた公式サイトによれば、「Square Enix Collective」は「クリエイターがアイディアを投稿し、ゲーマー達がそのアイディアが実現すべきか否かを審判することが出来るプラットフォーム」であるとされています。

具体的に見ていくと、Collective上では開発者たちがまずゲームのアイディアを公開し、コミュニティからフィードバックを得ることになります。そして公開されてから28日後には、コミュニティがそのアイディアを実現させるべきか否かを審判。コミュニティに認められたアイディアの開発者は、スクエニからマーケティグや開発の面でサポートを受けられるようになり、またIndiegogoを通してダイレクトにクラウドファンディングを実施することも可能に。また失敗した場合も、その理由や今後必要とすべきことについてスクエニ側から意見を受けることが出来るとされています。

なおアイディアの公開にはいくつかの前提や同意条件が必要となるものの、提出自体は無料で行えるとのこと。いわゆる「マネーの虎」方式であったクラウドファンディングからPledge(成功した場合にある一定の資金を与えると宣言すること)など資金面の動きを抜いたゲーム開発者とゲーマーの交流プラットフォームとなっており、純粋にゲームのアイディアを精練させる場を目指しているとみられるところです。

なおCollectiveのサイトでは、開発者はEidosの既存IPについて共に開発するチャンスがあるとも発言されており、開発者の選定や対象のIPについては、LAコンベンションセンターで11月5日から7日まで開催されるGDC Nextにて公表するとしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

特集


評価の高いコメント

  • 2013年10月9日 10:46:19 ID: 5tjUxRndqSC2
    3 スパくんのお友達さん
    通報する

    良いアイディア見つけて自社のゲームに先に組み込んでしまおうという魂胆

  • 2013年10月9日 14:33:48 ID: 9D2U6gDa1jaf
    15 太郎さん
    通報する

    ・日本語パックだけ別にDL販売しないゲーム
    ・ホストみたいな男キャラが出てこないゲーム
    ・根っからのゲーム好き経営者が関与しているゲーム
    ・過剰に売り上げ本数を見積もらないゲーム
    ・中国人にさせたようなおかしな翻訳になっていないゲーム
    ・日本での販売において、スクエニが一切関わらないゲーム

  • 2013年10月9日 11:24:42 ID: ZFBA46K72Dg9
    7 スパくんのお友達さん
    通報する

    自社IPをもしもしゲーに全部吐き出すのも限界だからインディーからアイデア取って自ブランドで売ろうってか

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 30 件

no image