“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

PS4が再びトップ、ソフトは新作不足で伸び悩み ― 2014年1月の米国小売市場セールスデータ

PS4が再びトップ、ソフトは新作不足で伸び悩み ― 2014年1月の米国小売市場セールスデータ

February 14, 2014(Fri) 13:49 / by Rio Tani

市場調査会社NPD Groupより、毎月恒例の米国小売りゲーム市場セールスデータが公開されました。まず市場全体では、長年続く規模縮小傾向が、前年比1%微減の6億6400万ドルという結果で踏みとどまったものの、ソフトウェア単体のセールスはわずか2億3200万ドルと振るわず、前年比26%の落ち込み。

この結果についてはアナリストは、『DMC: Devil May Cry』や『二ノ国』があった2013年1月に比べて、強力な新作タイトルの不足が原因がであると分析。下記のソフトウェアランキングを見ても、ほとんどが前年ホリデーシーズンの大作ばかりであることが分かります。

ソフトウェアランキング

1. Call of Duty: Ghosts (PS4/Xbox One/PS3/Xbox 360/Wii U/PC)
2. NBA 2K14 (PS4/Xbox One/PS3/Xbox 360/PC)
3. Battlefield 4 (PS4/Xbox One/PS3/Xbox 360/PC)
4. Assassin's Creed IV: Black Flag (PS4/Xbox One/PS3/Xbox 360/Wii U/PC)
5. Grand Theft Auto V (PS3/Xbox 360)
6. Madden NFL 25 (PS4/Xbox One/PS3/Xbox 360)
7. Minecraft (Xbox 360)
8. FIFA 14 (PS4/Xbox One/PS3/Xbox 360/PS Vita)
9. Lego Marvel Super Heroes (PS4/Xbox One/PS3/Xbox 360/Wii U/PS Vita/PC)
10. Tomb Raider (PS4/Xbox One/PS3/Xbox 360)

やはり気になるのは次世代機用タイトルの販売数ですが、現段階で判明しているデータは僅か。同日のMicrosoft発表によれば、2013年中に全世界300万台のセールスを達成しているXbox Oneの米国における本体装着率は2.7本で、Xbox 360とXbox Oneソフトを合わせたセールスは227万本とのこと。

一方、例のパフォーマンスの違いによる影響もあるのか、『Tomb Raider』はPS4版がXbox Oneに対して2:1の割合で上回っているとの報告も出ています。

任天堂のセールスについては、Wii Uと3DSタイトルが26%増加、『ポケモンX・Y』は12万5000本、『スーパーマリオ 3Dワールド』は65万5000本、『ゼルダの伝説 神々のトライフォース2』は71万5000本が売れたそうですが、いずれもTOP10入りを逃しています。

米国1月のハードウェアトップセラーはPlayStation 4。ライバルハードの2倍の台数が売れているとソニーの広報担当者は報告。Micorosft側からのハードセールスに関する言及はありませんが、ローンチから3ヶ月間を振り返ると、Xbox One本体はXbox 360に比べて2.29倍早いペースで売れているということです。

次世代機は日本国内でもいよいよPS4が来週ローンチを迎え、海外市場の後を追いかけることになりそうです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

評価の高いコメント

  • 2014年2月14日 14:04:58 ID: ZMjwLW4Mdful
    2 スパくんのお友達さん
    通報する

    文章にちょいちょい荒れそうな言葉がちりばめられてるけど
    データを見るにPSも箱も両方とも売れててよかったじゃん
    おめでとう

  • 2014年2月14日 14:31:31 ID: /rJ1dPK4+5JV
    12 スパくんのお友達さん
    通報する

    次世代ハード発売して間もないのにソフト新作不足って意味不明。どのハードも同じわけだが。

  • 2014年2月14日 14:07:30 ID: Phcgjop3Anz3
    3 スパくんのお友達さん
    通報する

    日本でps4出たらすぐにゲーム市場に貢献してやんよ

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 92 件

no image