ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Cliffy BがFacebookのOculus Rift買収を擁護、『Minecraft』のNotchに対し「すねた子供に見える」と批判

ニュース 最新ニュース

Oculus Rift版『Minecraft』を白紙に戻したMarkus"Notch"Persson氏を筆頭に、業界から様々な意見がすでに飛び出しているFacebookによるOculus Rift買収。元Epic Gamesゲームデザイナーであり『Gears of War』シリーズを手がけてきたCliff Bleszinski氏がこの件に関し好意的な意見を寄せ、Oculus Rift版『Minecraft』をキャンセルしたPersson氏を「すねた子供のように見える」と批判しました。

自身のブログClifford UnchainedにてBleszinski氏は、「まず初めの前置きとして、自分は早い段階のOculusに対し投資したという事実をとてもオープンな事として取り扱ってきた。自分はこの買収で大量の資金を得る立ち位置にある」と述べ、自身がOculus Rift寄りの立ち位置に居ることを明言。一方で「財政的に、自分は興奮している、だがしばらく落ち着いてからの自分の本心は、純粋にVRを大切にしたい、自分自身が体験し楽しみたいというものだ。VRがまだこれからも続き、さらにより良いものへなっていくという確信を抱いている」と語り初めています。

今回の買収における重要な点をいくつか挙げるBleszinski氏は、まずOculus Riftが大きな進歩を遂げていたものの、まだ困難を脱していない位置にあったことを指摘。OculusのCEOによる「VRはまるで玉ねぎだ、ある問題を解決したらまた他の解明すべき問題が出てくる」とのコメントを例に挙げ、まだ誰かがどこかでコントロールするスキームを考えなければならない代物であると説明しました。

またさらに重要な点として、Oculus Riftはエコシステムを必要としていたともBleszinski氏。もし周辺のプラットフォーム(今回で言うFacebook)を使用せず独自のシステムを構築した場合、同社はAppleのApp Storeのようなシステムを構築する必要があったと説明。システム周辺の限られたストアやコミュニティのみでは、ユーザーがOculus Riftに対する意見を言えず支払いも出来ず、またデベロッパーがデバイスの短所についてもポスト出来ないような環境になると伝え、数十億のユーザーに到達できるFacebookならばそういった類の問題に対処可能だろうと続けています。


ソーシャルネットワークの構築はここ長年を顧みてもわかるように非常に困難なことだと伝える同氏は、「我々は常に知りたがってきたが、次なるFacebookはどこだ?」ともコメント。可能性を秘めたある種類のアプリやサービスは常に問題を抱えているとした上で、FacebookがWhatsappやInstagramといったプリケーションを買収し増強してきた前例を取り上げ、将来性のあるプロジェクトにとっての数少ない解決策となりうる企業であるとしています。

またFacebookのCEOの「まず最初に没入型ゲーミング、Oculusはすでにビッグなプランを持っており変更される予定は無いし、より促進したいと願っている」との発言を取り上げ、Oculus Riftを破壊する意思がFacebookには無いと強調。ゲーム専門企業に買収されることも興味深いものの、Bleszinski氏は「ゲームもだが、バーチャル観光もやってみたい。PTSDの治療。寿命末期の人生の快適性の改善。様々な心の恐怖に対する治療。アーキテクチャのビジュアル化。パイロットトレーニング」などVRの可能性を例に挙げ、それは最終的にOculus Riftの可能性を制限していた可能性があると指摘しています。

なおKickstarterにてPledgeしたユーザー達が憤慨し、一部ユーザーらが返金を求めているている騒動にも触れたBleszinski氏はKickstarterへPledgeして得られるのはその際に伝えられた特典のみであり、株式や企業による売り上げ成果などを得られないと指摘。クラウドファンディングとはOculus Riftのような大望を抱くプロジェクトに資金を提供し次なるレベルへと移行することをアシストするまでの行為だとしています。


なおP.S.の中で先日Oculus Rift版『Minecraft』を白紙に戻したMarkus"Notch"Persson氏に対し、Cliff Bleszinski氏は「Noth、『Minecraft』をキャンセルしたことで君がボールを持って家の中に入っていくすねた子供みたいに見えるよ。行儀の悪いつまらない行為だ、私はとても残念に感じている」と伝え、Persson氏のアクションを批判しました。

一方Persson氏はTwitter上にて「Oculusへの投資家の1人であるCliffyBが、『Minecraft』のキャンセルの件で私のことを"すねた子供"と呼んでいる。そうだろうとも」とコメント。また「"私が持ち帰ったボール"はVRプロモート用にデザインされた無料バージョンの『Minecraft』という可能性だ」とファンとの交流の中で語っています。Persson氏はMojang下にてOculus Rift対応の無料版『Minecraft』を開発中であったと明らかにしていました。
《ishigenn》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 61 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『Alan Wake』のRemedyが韓国FPS『CROSSFIRE 2』のストーリーモード開発

    『Alan Wake』のRemedyが韓国FPS『CROSSFIRE 2』のストーリーモード開発

  2. 『ICO』思わせる雰囲気で話題となったPS4新作『Rime』は現在も開発中―まもなく最新情報を公開

    『ICO』思わせる雰囲気で話題となったPS4新作『Rime』は現在も開発中―まもなく最新情報を公開

  3. PS4『バウンド:王国の欠片』ゲーム情報が国内向けに公開―妊婦の内面世界を渡り歩く

    PS4『バウンド:王国の欠片』ゲーム情報が国内向けに公開―妊婦の内面世界を渡り歩く

  4. 噂: 任天堂NXはNVIDIAのTegraを採用した携帯機に?―海外報道

  5. 『Burnout』のクリエイターが新作ドライビングゲームの開発に着手!

  6. 終末世界列車『The Final Station』PS4版発表―PC版と同日配信

  7. 今からはじめる『Dota 2』 ― Valveが贈るMOBAの魅力を徹底解説

  8. 神戸市、『ポケモンGO』の対応を発表―プロジェクトチームや有識者会議の設置、大学に調査委託など

  9. 『ポケモンGO』連動デバイス「Pokemon GO Plus」発売延期―準備に遅れが生じる

  10. 今さら聞けない『Minecraft』のはじめかた ― 登録から購入、起動までの導入編

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top