スクウェア・エニックスのインド向けモバイルゲーム開発をしていたインド事業所が閉鎖 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

スクウェア・エニックスのインド向けモバイルゲーム開発をしていたインド事業所が閉鎖

ニュース ゲーム業界

インド市場に向けてモバイルゲームの開発を目的に設立されたスクウェア・エニックスインド事業所が閉鎖されたとインド系ゲームメディアMCV Indiaが伝えました。

同事業所は約1年前、インド国内に向けてモバイルゲームを開発するためにインドの開発者との提携を目的として設立されました。インド事業所は、スクウェア・エニックス本社の承認を受けて、様々なプロジェクトに関わってきたと言われています。しかし、インド事業所は単独でのゲームをリリースせずに閉鎖されました。

2012年にスクウェア・エニックスがインドで開催したゲーム開発コンテストで、同社の名誉会長である福嶋 康博 氏は「我々は長期的に有望な才能を探しています。3年後にインドのタイトルが世界で楽しめ、5年後にはインドのトップクリエイターは世界で有名になるだろう」と語っていました。

また昨年11月に開催されたNASSCOM(*1)GDCにて、スクウェア・エニックス代表取締役会長の和田 洋一 氏はインドにおける事業展望を語っており、5ヶ月程の間に何らかの経営的変化が起こったと思われます。今回の閉鎖について、スクウェア・エニックスからの公式発表はまだありません。

*1 National Association of Software and Services Companies。インドのIT関連企業が加盟する業界団体。
《水京》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 10 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 「2016年度 ゲーム企業総収益ランキング TOP25」発表―海外リサーチ企業報告

    「2016年度 ゲーム企業総収益ランキング TOP25」発表―海外リサーチ企業報告

  2. 噂: 『Call of Duty WWII』のイメージが多数出現―第二次世界大戦が舞台か

    噂: 『Call of Duty WWII』のイメージが多数出現―第二次世界大戦が舞台か

  3. 『Destiny 2』は近日発表される―リーク受け海外記者がツイート

    『Destiny 2』は近日発表される―リーク受け海外記者がツイート

  4. WRC公式ラリーゲーム『WRC 6』国内PS4向けに発売決定!日本語版特典も

  5. 今さら聞けない『Minecraft』のはじめかた ― 登録から購入、起動までの導入編

  6. 『DARK SOULS III』次期アップデート早くも発表―DLCのシステム追加対応など

  7. 『Outlast 2』豪州での発禁が撤回、「18+」で発売へ

  8. Steam版『ニーア オートマタ』ストアページ公開―2Bの後頭部にあのバルブが!

  9. 戦慄ホラー続編『Outlast 2』海外発売日が遂に決定!

  10. 噂: 『Red Dead Redemption 2』商品情報が海外小売店に掲載

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top