ハードコアゲーマーのためのWebメディア

討論の決着は『StarCraft』で、スウェーデン政治家がゲーム大会で本気バトル

ニュース ゲーム業界

討論の決着は『StarCraft』で、スウェーデン政治家がゲーム大会で本気バトル
  • 討論の決着は『StarCraft』で、スウェーデン政治家がゲーム大会で本気バトル
  • 討論の決着は『StarCraft』で、スウェーデン政治家がゲーム大会で本気バトル

4月13日、スウェーデンで2014年の選挙を前に各党の政治家たちが挙ってゲーム大会に参加し、RTSゲーム『StarCraft 2』のベストプレイヤーを巡り白熱のバトルを繰り広げました。

本大会「Politikerstarcraft」は、海賊党(2006年に結成された、コピーライトやネット検閲の問題を扱う団体)の元メンバー、Jonathan Rieder Lundkvist氏が2010年に設立したもので、政界におけるeスポーツへの関心を高めることを目的にしています。今年で2回目の開催となる、政治家オンリーのゲームトーナメントです。

この大会では、ゲームの公平性を保つために替え玉や部外者による代理プレイは禁止されており、イベント発表前に事前登録した政党メンバーのみが参加を許可されています。社会民主労働党、穏健党、緑の党、自由人民党、民主党、左翼党といった多数の政党から政治家たちが参加しており、そのほとんどが市議会のような地方自治体の候補者や、各政党の青年団体に所属する著名人であるとのことです。

今回のイベントでは、スウェーデンのStarCraftコメンテーターデュオ、Living on the Ladderによるブロードキャストがフィーチャーされ、大会は大いに盛り上がった模様。あくまでも娯楽として愛される本トーナメントですが、選挙に与える影響は決して無視できないようです。2010年の前回大会ではMathias Sundin氏がチャンピオンの座に輝き、その後の選挙で見事当選しています。

議会の外で繰り広げられるイデオロギーを超えた骨肉の争い。今年の大会では左翼党候補者が優勝したとのことで、後の選挙にどう影響するのか注目が集まります。
《河合 律子》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 21 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. F2PタクティカルTPS『Tom Clancy's Ghost Recon Phantoms』12月サービス終了へ

    F2PタクティカルTPS『Tom Clancy's Ghost Recon Phantoms』12月サービス終了へ

  2. 『ライフ イズ ストレンジ』開発元の新作『Vampyr』15分のプレアルファ版プレイ映像

    『ライフ イズ ストレンジ』開発元の新作『Vampyr』15分のプレアルファ版プレイ映像

  3. F2Pシューター『Halo Online』開発中止、正式リリースならず

    F2Pシューター『Halo Online』開発中止、正式リリースならず

  4. インサイダー登録者向け『バトルフィールド 1』OBTは1日早く先行実施!

  5. 【GC 2016】名匠ケン・レヴィンが贈る珠玉の三部作、『バイオショック コレクション』体験レポート

  6. 『レインボーシックス シージ』最新アプデ配信時間が告知―日本語パッチノートも

  7. カプコンが『バイオハザード7』体験版のヒントを投下!―人形の指が示すものとは…

  8. Battle.netにFacebook連携のゲーム配信機能「ブリザードストリーミング」が実装!

  9. 今さら聞けない『Minecraft』のはじめかた ― 登録から購入、起動までの導入編

  10. PS4/Xbox One向け『Fallout 4』追加DLC第5弾「Vault-Tec Workshop」国内配信日決定!

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top