金脈熱狂「ゴールド・ラッシュ」をテーマにした町建設シミュレーション『1849』が5月8日より配信開始 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

金脈熱狂「ゴールド・ラッシュ」をテーマにした町建設シミュレーション『1849』が5月8日より配信開始

PC Windows



インディースタジオSomaSim Gamesは、シティービルダーゲーム『1894』を5月8日よりリリースすると発表しました。同作は今年4月にもSteam Greenlightを通過してSteamでの配信を決定したタイトルで、Humble StoreやIndieGameStandにて9.99ドルでベータ版が発売されています。

シティビルダー系ではここ最近注目を集めた『Banished』の「滅亡との戦い」に対し、今作『1894』はタイトルにもある1894年頃に発生したカリフォルニアで金脈を求め人々が集まった「ゴールド・ラッシュ」をテーマにした作品。プレイヤーはこの富と名声を求め西へ向かう1人として鉱山帝国を築き上げていくことになります。開発陣が伝えるには、『Caesar III』や『SimCity 4』および『Civilization』シリーズからインスパイアされたとのこと。

プレイヤーはまず町を構築して労働者たちを集め、彼らの住処や食料、さらに娯楽を提供する必要があります。ゲーム中では労働者たちが日毎に必要とする物資を提供し、また近くの町と交易を行うため、広大な生産ネットワークを運営し連動させていかなければなりません。ゲーム中には50種類の資源が登場し、プレイヤーは採掘だけでなく農業や精製や製造といった生産行動も行いつつ、より複雑な都市の構築を目指していきます。






なおゲーム中には20種類のシナリオを収録したキャンペーンモードが登場するほか、自由に町を構築できるサンドボックスモードももちろん完備しているとのこと。このSomaSim Gamesは今後もこの手のシミュレーションゲームを開発する姿勢を見せており、シミュ好きはチェックしておいた方がよいかもしれません。

「ゴールド・ラッシュ」を舞台にした特有のビジュアルや朗らかなサウンドも『1894』の特徴とすべき点で、西部開拓時代の町中を所狭しと動き回る住民達をのんびりと見ているだけで1時間は潰せそうです。Steamにはまだ商品ページが登場していませんが、気になる人は先にHumble Storeなどでの購入も検討してみましょう。対象プラットフォームはPC/タブレットです。
《ishigenn》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 9 件

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. PC/XB1『Ooblets』は『ポケモン』『牧場物語』『どうぶつの森』を混ぜたような農業ゲーム

    PC/XB1『Ooblets』は『ポケモン』『牧場物語』『どうぶつの森』を混ぜたような農業ゲーム

  2. 新作WW2FPS『Fog of War』がSteam早期アクセス!―広大な戦場で50vs50の戦いが展開

    新作WW2FPS『Fog of War』がSteam早期アクセス!―広大な戦場で50vs50の戦いが展開

  3. PC版『ゴーストリコン ワイルドランズ』日本語OBTプリロード開始!

    PC版『ゴーストリコン ワイルドランズ』日本語OBTプリロード開始!

  4. 日活『刺青の国』のSteam版およびPS Vita英語版が販売へ

  5. オープンワールド『The Day After』海外発表―細菌により隔離された鉱山都市

  6. 『デッドライジング4』Steam版予約開始、Win10以外でもフランクさんが大活躍!

  7. 『ドラゴンクエストヒーローズII』のSteam版が海外発表―4月配信予定

  8. PC版『Rainbow Six Siege』期間限定で低価格版を販売―違いはアンロック方法のみ

  9. 仏産ケモノRPG『Shiness』最新トレイラー!アニメ風表現がすごーい!

  10. 三人称サバイバル『Lost Region』最新ショット!全ての建物を探索可能

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top