ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

都市伝説は本当だった、ニューメキシコ州の「Atariの墓」から最悪のクソゲー『E.T.』カートリッジが発掘される

April 27, 2014(Sun) 09:54 / by ishigenn


昨年6月にも映像プロダクションFuel Industriesのもと計画が明らかとなり、後にXbox Entertainemnt Studiosとの共同製作が決定。Xbox TVにおける第1弾ドキュメンタリー映像として公開されることが発表されていた「Atariの墓」都市伝説の検証プロジェクト。先日予告されていたように作業が4月26日に実施され……伝説は、本当となりました。

これは海外メディアPolygonの記者がニューメキシコ州アラモゴルド市内の埋め立て地より報じたニュースで、悪名高いクソゲー『E.T. The Extra-Terrestrial』のボックスとカートリッジ。プロジェクトチームは地下にさらなるカートリッジが埋まっているものと見て作業を継続しているもようです。Polygonの記者が投稿したイメージからはAtari 2600版『Centipede』らしきボックスも確認できます。

1982年にAtari 2600へ発売されて以降、史上最高のクソゲーとしていまだ米国では名
が知られているゲームタイトル『E.T.』。映画とのタイアップを見込み大量生産したものの全く売れず、アタリショックやAtariの倒産を引き起こした要因とのまことしやかなウワサ話も伝えられてきました。在庫が大量に余ったため、セミトレイラートラック14台でアラモゴルド市内の埋立地に埋められたというのが都市伝説「Atariの墓」で、今回の検証によりその伝説は真実となったようです。


海外メディアIGNよる撮影映像


初めて発掘されたカートリッジのイメージを投稿するXbox LIVEディレクターLarry Hryb氏ことMajor Nelson



検証ドキュメンタリーのディレクターZak Penn氏は「みながここに来てくれて本当に嬉しいよ」とコメント。「もし全くなにも見つからなかったら、それがドキュメンタリーの焦点となっていただろう。もし掘り起こして『E.T.』のゲームが見つからなかったらどんな酷いことになっていたか。そうならなくて嬉しいよ」と安堵の様子を見せています。

開発者よりわずか5週間で開発されたと伝えられ、ゲーマーたちからは史上最悪のクソゲーとして語り継がれ、大量生産により売れ残ったカートリッジは20年以上も日の目を見ず地下に埋もれていた『E.T.』。このカートリッジが現在も動作するのかなど気になるニュースはまだ続きそうですが、ひとまず彼らの生還を祝福したいところです。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


評価の高いコメント

  • 2014年4月27日 12:38:38 ID: EK9EfTvregQP
    19 スパくんのお友達さん
    通報する

    徳永って誰だよ

  • 2014年4月27日 10:00:52 ID: TASFT6xJ7MQ3
    1 スパくんのお友達さん
    通報する

    本当に出たのか!
    出なかったら出なかったで、ロスト・イン・ラマンチャみたいで面白かったけども(笑)

  • 2014年4月27日 11:18:34 ID: Yr6crjdjeaw7
    11 スパくんのお友達さん
    通報する

    日本だと徳永埋蔵金クラスでなければ話題にもならないしマスコミも取り上げない。おまけに見つからない。
    そう思うとここまで頑張れる向こうの人たちは純粋にすごいと思う。

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 65 件

no image