EvolutionがPS4向けレーシング『DriveClub』における1080p 30FPSの選択に言及、美しいビジュアル表現を強調 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

EvolutionがPS4向けレーシング『DriveClub』における1080p 30FPSの選択に言及、美しいビジュアル表現を強調

家庭用ゲーム PS4



最新のトレイラーと共に10月7日の発売日がついに決定した『DriveClub』。当初は60FPSを目標としていたものの後に1080p 30FPSへと落ち着いた同作ですが、ゲームディレクターのPaul Rustchynsky氏が改めてこの事実に触れ、『DriveClub』においてはビジュアル表現を優先することが重要であると強調しました。

海外メディアVG247のインタビューに対しEvolution StudiosのRustchynsky氏は「60FPSへの挑戦は初期の目標として自身に課していたものだった」とコメント。PlayStation 4というハードウェアに慣れ、また『DriveClub』にて求めていく要素を検討する内に、1080p 30FPSの選択が「間違いなく最適」であるという結論に至ったと語っています。

1080p 30FPSの選択により、Evolutionが最も緻密なディテールで再現されたレース車体を提供し、広大なトラックとビジュアル的な密度に溢れる環境を構築することが可能になったと続けるRustchynsky氏。全範囲におよぶイルミネーションシステムにも触れ、時刻の移り変わりやシャドウの投影、フルで行われる反射表現など、30FPSの選択により様々な範囲で可能になったビジュアル表現をアピールしています。

なおRustchynsky氏はSucker Punchスタジオの初PlayStation 4タイトルとして登場した『inFamous: Second Son』にも言及し、様々なテクニックやメカニックにより豪華な見た目となった同作は、ゲームが30FPSで動作しているゆえに可能になったことだとも指摘しています。
《ishigenn》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 140 件

編集部おすすめの記事

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』海外ゲーム映像が続々到着!

    『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』海外ゲーム映像が続々到着!

  2. ソニーストア、PlayStation VRを2月25日8時30分より再販

    ソニーストア、PlayStation VRを2月25日8時30分より再販

  3. ヌンバーニ空港で一体何が?『オーバーウォッチ』予告イメージで謎深まる

    ヌンバーニ空港で一体何が?『オーバーウォッチ』予告イメージで謎深まる

  4. 『Horizon Zero Dawn』ローンチトレイラー!―Guerrilla Gamesが描く壮大世界

  5. 『ニーア オートマタ』不具合修正のパッチ対応を発表─まずはDL版の問題を近日中に

  6. 『バイオハザード7』にクリス・レッドフィールドが登場!短編DLCの情報が公開

  7. 国内XB1下位互換機能に『ボーダーランズ 2』などが追加

  8. ニンテンドースイッチ発売時に「バーチャルコンソール」の販売はなし─国内向けに改めて発表

  9. 『FFXV』限定特典の『A KING'S TALE: FFXV』が配信未定に

  10. スイッチのローンチDLソフトに『VOEZ』『ブラスターマスター ゼロ』など追加!ポイソフトやアークシステムワークスの新作も

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top