ハードコアゲーマーのためのWebメディア

E3 2014でEAが『バトルフロント』新作や約6本の新タイトルをお披露目へ、『Need for Speed』は今年発売せず

ニュース ゲーム業界

昨年ディズニーとの独占ゲーム開発契約を結びコンソール向け『Star Wars』タイトルを一手に手がけることとなったElectronic Artsですが、さきほど実施された投資家向け説明会にてCEOのAndrew Wilson氏が今年のE3 2014ラインナップに触れ、『Star Wars: Battlefront』などのタイトルを登場させることを明らかにしました。

説明会の中で『Star Wars』タイトルのラインナップについて質問されたWilson氏は、新作『Battlefront』とほかの開発中の新作タイトルに関してさらなる情報を公開することを予想しているとコメント。例年のカンファレンス内容を考慮するとEA Sports製タイトルを頭数に入れておく必要はありますが、およそ「6本ほどの新タイトル」が登場するだろうと伝えています。


2013年に発売された『Need for Speed: Rivals』。シリーズ最新作が登場しない年は2001年以来となる

なおWilson氏は同社の看板レーシングシリーズ『Need for Speed』にも触れ、毎年リリースされている最新作が今年は登場しないことを告白。「なにが今日のゲームを作るのかという我々の思想は変化した。我々は長期的な体験へ向けゲームをデザインしている」とのコメントを残しました。

また海外メディアIGNのインタビューを『NFS』開発スタジオGhost GamesのMarcus Nilsson氏が受け、本当に構築したいゲーム作りを実現するため来年度に最新作をリリースすると改めて報告。現在のレーシングゲーム市場や『Need for Speed』ブランドを見るになにが必要となるのかは明白であり、それを達成するには時間が必要だと説明しています。

Frostbite 3エンジンや新たな才能あるスタッフの雇用などを挙げたNilsson氏は、延期を繰り返している『Driveclub』に触れ「延期、また延期、だらだら続いているが、彼らがゲームを作っていないからではない、ゲーム作りは難しいからなんだ」とコメント。また500万体出荷を遂げたXbox Oneや700万体セールスを達成したPS4などの順調なセールスにも言及し、次なる会計年度も成長を迎えるであろう次世代コンソールが作りたいゲームと一致すると意味深な発言をしています。
《ishigenn》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 23 件

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 神戸市、『ポケモンGO』の対応を発表―プロジェクトチームや有識者会議の設置、大学に調査委託など

    神戸市、『ポケモンGO』の対応を発表―プロジェクトチームや有識者会議の設置、大学に調査委託など

  2. 原点回帰2Dアクション『Sonic Mania』プレイ映像―未見シーンも!

    原点回帰2Dアクション『Sonic Mania』プレイ映像―未見シーンも!

  3. 『アリス マッドネス』のSpicy Horse上海スタジオが閉鎖―アメリカン・マギーはヨット冒険に

    『アリス マッドネス』のSpicy Horse上海スタジオが閉鎖―アメリカン・マギーはヨット冒険に

  4. 『ディビジョン』拡張「アンダーグラウンド」最新アプデ1.3日本語パッチノート

  5. 任天堂、『ポケモンGO』が業績に与える影響は「限定的」と言及

  6. 『ポケモンGO』ポケストップ効果で大手ゲーム小売GameStopの売上倍増―CEO「非常に満足」

  7. 『レインボーシックス シージ』最新日本語パッチノート!膨大な調整施す

  8. 今さら聞けない『Minecraft』のはじめかた ― 登録から購入、起動までの導入編

  9. マルウェアが仕込まれた偽『ポケモンGO』見つかる―McAfeeが注意喚起

  10. 『FIFA 17』日本版初回パッケージに槙野智章選手!サイン入りユニのプレゼントも

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top