ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Goat Simulator』はヤギが暴走するだけの意味不明ゲームじゃない、制作者がプロットを説明

ニュース 発表

『Goat Simulator』はヤギが暴走するだけの意味不明ゲームじゃない、制作者がプロットを説明
  • 『Goat Simulator』はヤギが暴走するだけの意味不明ゲームじゃない、制作者がプロットを説明

奇想天外な発想と街を破壊するヤギの迫力で一躍有名になった『Goat Simulator』ですが、道や建物といったゲーム内オブジェクトには象徴となる対象があり、マップそのものは煉獄を表現していると、Steamのコミュニティーページで制作者が説明しています。

これは本作を開発したクリエイター、Armin Ibrisagic氏が『Goat Simulator』のSteam Communityに書き込んだもので、「トンネルの一つに"Himlen"、もう一つには"Helvete"という標識があるのに気が付いただろうか。Google翻訳にかければ分かると思うが、前者は"Heaven(天国)"、後者は"Hell(地獄)"を意味している。悪魔のヤギと天使のヤギ、両方が登場するのはそれが理由なんだ」と解説しています。

続けて、「そういうわけで、五芒星は"Helvete"サインの方に近くなっているし、マップの終わりではデモ(最近のウクライナを描いた時事ネタ)が起こっているんだ。Goathenge(ゲーム内のロケーション名)が地獄に近いのは、進化のために滅びるべき過去に囚われた古い人類を象徴している。一方で、Low Gravity Testing FacilityとBeaconが天国に近いのは、研究と進歩、そして希望の象徴さ。宇宙に行って引っかかるのは、その時が来るまでことを急いではならないということだ」と語っており、ゲーム内の全てには意味があるとのことです。

最後に、「これは氷山の一角に過ぎない。求めるものには与えよ。来るパッチ1.1で追加される新たなマップは自分で分析してみて欲しい」と締めくくり、追加コンテンツにおけるプロットの存在も示唆しました。

荒ぶるヤギと逃げ惑う人間を暴力的に描いた『Goat Simulator』はSteamにて9.99ドルで発売中。今月後半に配信されるバージョン1.1のパッチでは、パルクール要素に加えて4人までのマルチプレイモードと新マップの追加が予定されています。
《河合 律子》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 35 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 噂: 小島監督の『デス・ストランディング』に俳優マッツ・ミケルセン出演?

    噂: 小島監督の『デス・ストランディング』に俳優マッツ・ミケルセン出演?

  2. 『ポケモンGO』アップデート実施―ポケモンの強さを評価してくれる機能が実装

    『ポケモンGO』アップデート実施―ポケモンの強さを評価してくれる機能が実装

  3. ディストピアギャング抗争『Smash + Grab』発表!『Sleeping Dogs』開発元の最新作

    ディストピアギャング抗争『Smash + Grab』発表!『Sleeping Dogs』開発元の最新作

  4. 『ポケモンGO』効果で3DSがハードウェア首位、ソフトは『GTA V』が返り咲き―2016年7月の米国セールスデータ

  5. 噂: 「PS4 Slim」に続き新型「DUALSHOCK 4」映像が出現

  6. 噂: スリム型PS4本体が海外オークションに姿現す

  7. カプコンが『バイオハザード7』体験版のヒントを投下!―人形の指が示すものとは…

  8. 噂: 任天堂NXはローンチから半年以内に『マリオ』『ポケモン』『ゼルダ』投入―海外報道

  9. 『DARK SOULS III』公式SNSが「重大な発表」を予告!

  10. PS4/XB1/PC『デッドライジング トリプルパック』国内発売決定!単体販売も

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top