ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Goat Simulator』はヤギが暴走するだけの意味不明ゲームじゃない、制作者がプロットを説明

ニュース 発表

『Goat Simulator』はヤギが暴走するだけの意味不明ゲームじゃない、制作者がプロットを説明
  • 『Goat Simulator』はヤギが暴走するだけの意味不明ゲームじゃない、制作者がプロットを説明

奇想天外な発想と街を破壊するヤギの迫力で一躍有名になった『Goat Simulator』ですが、道や建物といったゲーム内オブジェクトには象徴となる対象があり、マップそのものは煉獄を表現していると、Steamのコミュニティーページで制作者が説明しています。

これは本作を開発したクリエイター、Armin Ibrisagic氏が『Goat Simulator』のSteam Communityに書き込んだもので、「トンネルの一つに"Himlen"、もう一つには"Helvete"という標識があるのに気が付いただろうか。Google翻訳にかければ分かると思うが、前者は"Heaven(天国)"、後者は"Hell(地獄)"を意味している。悪魔のヤギと天使のヤギ、両方が登場するのはそれが理由なんだ」と解説しています。

続けて、「そういうわけで、五芒星は"Helvete"サインの方に近くなっているし、マップの終わりではデモ(最近のウクライナを描いた時事ネタ)が起こっているんだ。Goathenge(ゲーム内のロケーション名)が地獄に近いのは、進化のために滅びるべき過去に囚われた古い人類を象徴している。一方で、Low Gravity Testing FacilityとBeaconが天国に近いのは、研究と進歩、そして希望の象徴さ。宇宙に行って引っかかるのは、その時が来るまでことを急いではならないということだ」と語っており、ゲーム内の全てには意味があるとのことです。

最後に、「これは氷山の一角に過ぎない。求めるものには与えよ。来るパッチ1.1で追加される新たなマップは自分で分析してみて欲しい」と締めくくり、追加コンテンツにおけるプロットの存在も示唆しました。

荒ぶるヤギと逃げ惑う人間を暴力的に描いた『Goat Simulator』はSteamにて9.99ドルで発売中。今月後半に配信されるバージョン1.1のパッチでは、パルクール要素に加えて4人までのマルチプレイモードと新マップの追加が予定されています。
《河合 律子》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 35 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 英アマゾンに『Destiny: The Collection』が記載

    英アマゾンに『Destiny: The Collection』が記載

  2. アジア地域で開発中の「PS VR」タイトルは13本―中国/台湾などで制作進む

    アジア地域で開発中の「PS VR」タイトルは13本―中国/台湾などで制作進む

  3. 『ICO』思わせる雰囲気で話題となったPS4新作『Rime』は現在も開発中―まもなく最新情報を公開

    『ICO』思わせる雰囲気で話題となったPS4新作『Rime』は現在も開発中―まもなく最新情報を公開

  4. 『Alan Wake』のRemedyが韓国FPS『CROSSFIRE 2』のストーリーモード開発

  5. 終末世界列車『The Final Station』PS4版発表―PC版と同日配信

  6. 『ポケモンGO』連動デバイス「Pokemon GO Plus」発売延期―準備に遅れが生じる

  7. 『ディビジョン』拡張「アンダーグラウンド」最新アプデ1.3日本語パッチノート

  8. 噂: 任天堂NXはNVIDIAのTegraを採用した携帯機に?―海外報道

  9. 神戸市、『ポケモンGO』の対応を発表―プロジェクトチームや有識者会議の設置、大学に調査委託など

  10. 『Burnout』のクリエイターが新作ドライビングゲームの開発に着手!

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top