ハードコアゲーマーのためのWebメディア

相撲をテーマにした新作ADV『Sumo Boy』Kickstarterが開始、開発陣には『Halo CE』スタッフも

ゲーム文化 Kickstarter

相撲をテーマにした新作ADV『Sumo Boy』Kickstarterが開始、開発陣には『Halo CE』スタッフも
  • 相撲をテーマにした新作ADV『Sumo Boy』Kickstarterが開始、開発陣には『Halo CE』スタッフも
  • 相撲をテーマにした新作ADV『Sumo Boy』Kickstarterが開始、開発陣には『Halo CE』スタッフも
  • 相撲をテーマにした新作ADV『Sumo Boy』Kickstarterが開始、開発陣には『Halo CE』スタッフも


Kickstarterにて、ぽっちゃりした男の子が主人公の新作ADV『Sumo Boy』のクラウドファンディングキャンペーンが開始されました。開発には『Halo Combat Evolved』にも携わった経験がある謎の敏腕スタッフも参加しているとのことです。


本作は『ゼルダの伝説』や『Diablo III』などに影響を受けたトップビュータイプのアクションADV。日本古来のスポーツである相撲をテーマにしており、“Sumo Stomp(四股踏み)”を利用した謎解きなど、日本的なイメージとファンタジックな世界観が融合された作品となっています。シナリオについては国内外問わず問題視されている“いじめ”から強いインスピレーションを受けており、開発陣にもいじめ対策運動に関わっているスタッフが参加しています。


開発元のインディーゲームスタジオTAPRRには『Planetside 2』や『Total War 』での開発経験があるスタッフも揃っており、映画界からは『The Lego Movie』『300』などの制作者も参加。MicrosoftやKonami、ナムコバンダイゲームスでのゲームを開発していた謎の敏腕スタッフも関わっているとのことですが、その名前は今後明らかにする予定とのことです。

対応機種はWindows/Mac/Linuxのほか、モバイル向けにも開発予定とのこと。リリース時期は現在明らかにされていませんが、独特なストーリーや豪華な制作陣に興味が湧いた方は、こちらのKickstarterキャンペーンページをチェックしてみてください。
《subimago》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 17 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 錦糸公園、鶴舞公園など『ポケモンGO』人気スポットにトレーナー殺到

    錦糸公園、鶴舞公園など『ポケモンGO』人気スポットにトレーナー殺到

  2. 小型ファミコン「Nintendo Classic Mini: NES」紹介映像―懐かしさこみ上げる

    小型ファミコン「Nintendo Classic Mini: NES」紹介映像―懐かしさこみ上げる

  3. 『Pokemon GO』トレーナー必携?「ポケモンずかん」風DIYスマホケース

    『Pokemon GO』トレーナー必携?「ポケモンずかん」風DIYスマホケース

  4. 『マインクラフト』で「ジブリの世界」再現! 5年がかりの一大プロジェクト

  5. e-Sports『Overwatch』チャンピオンシリーズオフライン決勝が7月31日に秋葉原で開催

  6. eBayで『Pokemon GO』アカウントが出品中、「150匹以上ゲット済み」約30万円

  7. コジプロ「ルーデンスくん」が立体化!マックスファクトリー、1000トイズ、コトブキヤから

  8. モンスターがパルクールで逃走!?爽快『ポケモンGO』実写映像

  9. 日本政府が『ポケモンGO』配信に向け注意喚起―イラスト交えトレーナーにおねがい

  10. 『ポケモンGO』1日のアクティブユーザー数がTwitterに迫る勢い―驚愕の統計データも

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top