ハードコアゲーマーのためのWebメディア

「Atariの墓」から発掘した『E.T.』カートリッジは市内の宇宙博物館に展示へ、鑑定後に販売の予定も

ゲーム文化 カルチャー

大量に売れ残ったAtari2600のタイトル『E.T.』を埋立地に遺棄したという都市伝説「Atariの墓」。先月末その真相を探るべく発掘作業が行われ、実際にカートリッジが埋没していたことが明らかとなりましたが、この世に蘇った『E.T.』ゲームをニューメキシコ州アラモゴード市の博物館に展示する意向であることを市の委員会が明らかにしました。

海外メディアPolygonのインタビューを受けたアラモゴードの女性市長Susie Galea氏は「『E.T.』はもはや遺物だ」とコメント。アラモゴード市内にある宇宙博物館や地元の記念館に提供し、ゲームを閲覧できる環境を用意するだろうと伝えています。今回の発掘作業を担当したLightboxとFuel Entertainmentには100本のカートリッジを譲渡することが市の決定で確定しており、残り700本をアラモゴード市が保有する予定とのこと。

また販売経路はまだ未定だとした上で、博物館に提供した後、鑑定を行ってアラモゴード産が証明された『E.T.』カートリッジを販売する計画も立てているとGalea市長。二十数年の時を経て地中深くから蘇ったAtari2600タイトルにどのような値がつくのか、鑑定の結果が待ち遠しいところです。

なお「Atariの墓」には70万本以上のゲームがまだ残っているとされていますが、Galea市長によれば今回の作業では1,300本のみが発掘されただけで、開かれた穴もすでに閉じられたとのこと。市長は穴の深さが当初18フィートを想定していたものの最終的に30フィートまで達したことを伝え、全てのカートリッジを回収することは難しいとの見解を示しています。まだ話し合いは行われていないものの、市長はこの「Atariの墓」を観光名所としたい思いもあるようです。
《ishigenn》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 15 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. バイオレンスシューター『Hatred』の一人称化Modが登場!―さらに過激な体験に

    バイオレンスシューター『Hatred』の一人称化Modが登場!―さらに過激な体験に

  2. 地獄が溢れだしたような悪夢…謎の新作『Year Of The Ladybug』が制作進行中

    地獄が溢れだしたような悪夢…謎の新作『Year Of The Ladybug』が制作進行中

  3. 本日の一枚『

    本日の一枚『"胸囲"の再現!ララ・クロフトコス』

  4. もし『The Witcher 3』が名作ノワール映画になったら…渋過ぎる海外アート集

  5. フロム監修『ダークソウル』フィギュア発売決定!第1弾は「騎士アルトリウス」

  6. チートじゃないから!『Overwatch』17歳の韓国女性プロが実演プレイで不正疑惑を晴らす

  7. 海外サイトが選ぶ『ゲームキューブの対戦・協力プレイゲーム』TOP10

  8. 巨乳眼鏡っ娘が戦う新作ACT『SMASHING THE BATTLE』がSteam配信―日本語にも対応!

  9. ゲーム大会サイト「CyAC」主催のPS4『バイオハザード アンブレラコア』オンライン大会が開催

  10. 攻城兵器構築ゲーム『Besiege』がSteam Greenlightに登場 ― 建物を破壊し敵を一掃!

アクセスランキングをもっと見る

page top