ハードコアゲーマーのためのWebメディア

「赤ずきんちゃん」モチーフの童話2.5Dアクション『Woolfe - The Red Hood Diaries』Kickstarterがスタート

ゲーム文化 インディーゲーム

ベルギーのデベロッパーGRIN Gamestudioは、童話「赤ずきんちゃん」をテーマにした2Dアクション『Woolfe - The Red Hood Diaries』のKickstarterキャンペーンをスタートしました。目標額は5万ドルで現在は約2万ドルを獲得。キャンペーンの期日は9月5日までとなっています。

今年前半にもSteam Greenlightを通過し注目をあつめていた『Woolfe - The Red Hood Diaries』は、童話「赤ずきんちゃん」をモチーフにダークで奇妙なストーリーが描かれる"シネマティックおとぎ話2Dアクション"。プレイヤーは赤ずきんちゃん(Red Riding Hood)を通して、4年前にWoofle Industries社でリードエンジニアとして働いてる際中に事故死した父ジョセフの死の真相を追うことになります。

ゲーム中ではお馴染みのオオカミから町を支配するWoolfe Industries社のCEO「B.B.Woolfe」のおもちゃの兵隊などが登場し、赤ずきんちゃんの行く手を阻みます。"シネマティック2Dアクション"と銘打たれている通り非常に美麗なビジュアルと演出が特徴で、Kickstarterのトレイラーからは魅力的なアートスタイルの数々が確認できます。



「不思議の国のアリス」をダークに解釈した『Alice: Maddnes Returns』にも似た『Woolfe - The Red hood Diaries』はPC向けに2015年リリース。XboxおよびPlayStationプラットフォームでもその後発売される予定となっています。
《ishigenn》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 11 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『オーバーウォッチ』の「Nepal」マップはこんな構造だったのか!―エリア外に進入できるグリッチで判明

    『オーバーウォッチ』の「Nepal」マップはこんな構造だったのか!―エリア外に進入できるグリッチで判明

  2. 【コラム】『ファイナルファンタジーXV』と「リアル」の変質

    【コラム】『ファイナルファンタジーXV』と「リアル」の変質

  3. 『シェンムー3』サブディレクターとしてシリーズ主要スタッフ岡安啓司氏が参加

    『シェンムー3』サブディレクターとしてシリーズ主要スタッフ岡安啓司氏が参加

  4. 映画版『アンチャーテッド』脚本家としてジョー・カーナハン参加、「特攻野郎Aチーム」など製作経験

  5. SF青春ADV『ライフ イズ ストレンジ』実写映像シリーズが製作決定

  6. ドキュメンタリー「Branching Paths」国内配信開始―日本インディーゲーム界を今を描く

  7. 錦糸公園、鶴舞公園など『ポケモンGO』人気スポットにトレーナー殺到

  8. まさに寝落ち!『オーバーウォッチ』でアナに眠らされ続けてサーバーから強制退場

  9. ボードゲーム版『DOOM』2016年後半にも発売!マリーンVSデーモンの激突描く

  10. 【E3 2016】『Limbo』開発元の新作『INSIDE』発売日決定!―記念で『Limbo』無料配信も

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top