ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外の『Diablo III』プレイヤー、ボットなど使いオークションハウスで1年間に「1300万円以上」稼ぐ

PC Windows

昨年9月、ゴールドおよびリアルマネー両方を対象に閉鎖が発表された『Diablo III』のオークションハウス。すでに閉鎖は完了しましたが、この場を利用して1年間で10万ユーロを稼いだと語るプレイヤーが登場し、ブログにてその方法を解説しています。10万ユーロは現在のレートにしておよそ1,370万円です。

1年のあいだに1,300万円以上を稼いだと伝えているのはユーザーCherokee Brook。方法は高速でトレードを完了する複数のボットを使用するというもので、株式市場と同様にアイテムを安く購入し、そして売る時には出来るかぎり高い値がつくように販売したとのこと。またBrookはこのほかにも過小評価され価格が低くつけられているアイテムを検索するカスタムサーチを自身で開発し、安く手に入れたアイテムをまた別のユーザーに販売していたと伝えています。

Brookはブログにて「多くの人々は不正行為かあるいはアンフェアだと言うだろうが、私がやったことは完全に合法だということを最終的に理解しなければならない。ゲームの利用規約にだけは違反しているが、それらに法的なものは一切ないし、規約を施行するのはゲームを作ったBlizzardの責任だ」とコメント。「自分自身に聞いてみて欲しい。もし1年間私がやってきたようなことをするチャンスがあり荒稼ぎできるなら、実行するのか、それとも他のプレイヤーに不正行為だしフェアじゃないよと言うのか?」と話しています。

リアルマネーでアイテムの取り引きができる、いわゆるRMTが開発のBlizzardより公式に認められる形で発足したオークションハウス。閉鎖が発表された当時、プロダクションディレクターのJohn Hight氏は「当初我々がオークションハウスをデザインし実装した時、目標は便利で安全なトレード用システムを提供するというものだった。だが我々は、オークションハウスの価値がだんだんと明らかになり、実際に世界中のユーザーがこのシステムを利用し、『Diablo』の“モンスターを殺しクールなルートを得る”というコアゲームプレイを蝕んでさえいることに気づき始めていた」と伝えていました。

Brookはオークションハウスが「数百万のプレイヤーを一箇所で繋ぎあわせ、トレードや価格決定に関して無知なことを露呈させる完全にユニークな方法」であったともコメントしています。
《ishigenn》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 33 件

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. 『Fallout 4』最終DLC「Nuka-World」海外版のロングゲームプレイ!

    『Fallout 4』最終DLC「Nuka-World」海外版のロングゲームプレイ!

  2. 『バトルフィールド1』インサイダー向けOBTが全機種で開始―エリート兵科出現方法も!

    『バトルフィールド1』インサイダー向けOBTが全機種で開始―エリート兵科出現方法も!

  3. 『YIIK』体験版が9月配信―『ペルソナ4』『マザー』などの要素色濃いインディーRPG

    『YIIK』体験版が9月配信―『ペルソナ4』『マザー』などの要素色濃いインディーRPG

  4. PC版『No Man's Sky』Steamストアでは「例外的な返金」認めず

  5. Steamで『Fallout 4』最終DLC「Nuka-World」配信開始、日本語音声・字幕は未対応

  6. 新たなインディー世紀末ストラテジー『Overland』のパブリックアルファ実施へ

  7. PC版『No Man's Sky』ローンチから半月でプレイヤー数が9割減―SteamSpy統計より

  8. 開発8年!繊細ドット絵2Dアドベンチャー『Owlboy』がいよいよ配信される

  9. キャラクター小っさ!血みどろ2Dガンアクション『BUTCHER』が2016年秋Steam配信

  10. 『Fallout 4』DLC「Nuka-World」国内トレイラー!みんな大好きヌカ・ワールドへようこそ

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top