ロシア国営TV局が『Team Fortress 2』ファンアートを米国のプロパガンダとして紹介 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ロシア国営TV局が『Team Fortress 2』ファンアートを米国のプロパガンダとして紹介

ゲーム文化 カルチャー

ロシア国営TV局が『Team Fortress 2』ファンアートを米国のプロパガンダとして紹介
  • ロシア国営TV局が『Team Fortress 2』ファンアートを米国のプロパガンダとして紹介


ロシアの国営放送チャンネルワンの番組内にて、『Team Fortress 2』のファンアートを第一次世界大戦期のプロパガンダ作品として紹介していることが、海外ユーザーから注目を集めています。

英語圏向けのロシアニュースサイトThe Moscow Timesの報道によれば、deviantartで公開中の『Team Fortress 2』ファンアートが、第一次世界大戦期の米国によるプロパガンダの例として挙げられているとのことです。映像のナレーションでは当時の米国によるドイツ人批判について紹介。『Team Fortress 2』のDemomanがドイツ兵士として認識されている模様です。

過去にも同様の事例として、海外のTV局が『METAL GEAR SOLID V THE PHANTOM PAIN』のスクリーンショット初代『Assassin’s Creed』、そして『BioShock Infinite』のロゴに類似した画像などを使用していました。今回放映されたファンアートは過去に開催された『Team Fortress 2』のPropaganda Contestに出展していたこともあり、その独特なタッチが放送局関係者の目に留まったのかもしれません。
《subimago》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 20 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 通販サイト「UBISHOP」に映画「アサシン クリード」公開記念グッズがラインナップ

    通販サイト「UBISHOP」に映画「アサシン クリード」公開記念グッズがラインナップ

  2. これ知ってる?「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」続編にあの携帯ゲーム機が

    これ知ってる?「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」続編にあの携帯ゲーム機が

  3. 「ゲームの上手さで内定」“日本初”ゲーム技能を選考に加えた社員採用活動「いちゲー採用」が実施

    「ゲームの上手さで内定」“日本初”ゲーム技能を選考に加えた社員採用活動「いちゲー採用」が実施

  4. 『ARK: Survival Evolved』のMod開発者向け奨励金プログラムが発表―毎月4千ドルを提供

  5. 『Fallout 4』に実在の名曲を286曲追加!珠玉の音楽に包まれるMod登場

  6. 『LoL』教育プログラム実施!元アメフト日本代表コーチがLJL出場チームに指導

  7. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  8. 『オーバーウォッチ』マップ開発に痛恨のミス…ディレクターが今明かす「ドラド」誕生秘話

  9. Twitch配信者が24時間チャリティー放送中に死去、原因は「深刻な睡眠不足」か

  10. 【今から遊ぶ不朽のRPG】第1回『Ultima VI』(1990年)

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top