ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ロシア国営TV局が『Team Fortress 2』ファンアートを米国のプロパガンダとして紹介

ゲーム文化 カルチャー

ロシア国営TV局が『Team Fortress 2』ファンアートを米国のプロパガンダとして紹介
  • ロシア国営TV局が『Team Fortress 2』ファンアートを米国のプロパガンダとして紹介


ロシアの国営放送チャンネルワンの番組内にて、『Team Fortress 2』のファンアートを第一次世界大戦期のプロパガンダ作品として紹介していることが、海外ユーザーから注目を集めています。

英語圏向けのロシアニュースサイトThe Moscow Timesの報道によれば、deviantartで公開中の『Team Fortress 2』ファンアートが、第一次世界大戦期の米国によるプロパガンダの例として挙げられているとのことです。映像のナレーションでは当時の米国によるドイツ人批判について紹介。『Team Fortress 2』のDemomanがドイツ兵士として認識されている模様です。

過去にも同様の事例として、海外のTV局が『METAL GEAR SOLID V THE PHANTOM PAIN』のスクリーンショット初代『Assassin’s Creed』、そして『BioShock Infinite』のロゴに類似した画像などを使用していました。今回放映されたファンアートは過去に開催された『Team Fortress 2』のPropaganda Contestに出展していたこともあり、その独特なタッチが放送局関係者の目に留まったのかもしれません。
《subimago》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 20 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 実写のような空気感!『GTA V』ビジュアルMod「NaturalVision」が公開

    実写のような空気感!『GTA V』ビジュアルMod「NaturalVision」が公開

  2. 海外美人レイヤーの『オーバーウォッチ』ロードホッグコスプレ―マコちゃん可愛い!

    海外美人レイヤーの『オーバーウォッチ』ロードホッグコスプレ―マコちゃん可愛い!

  3. 『ワンダと巨像』風ACT『Prey for the Gods』Kickstarter初期目標達成―CS版も制作確定

    『ワンダと巨像』風ACT『Prey for the Gods』Kickstarter初期目標達成―CS版も制作確定

  4. ワンフェス16[夏]ゲーム関連フィギュアピックアップ―『ウィッチャー3』や『Dota 2』など

  5. 米動物園、実際の動物に『ポケモンGO』風のユニークな説明看板を作成

  6. D.Vaがイッパイ!『オーバーウォッチ』コスプレイヤーがコミコン会場に集結

  7. 『Branching Paths』試写会&座談会レポ―日本のインディーを振り返って

  8. 錦糸公園、鶴舞公園など『ポケモンGO』人気スポットにトレーナー殺到

  9. eBayで『Pokemon GO』アカウントが出品中、「150匹以上ゲット済み」約30万円

  10. 米国フロリダで『ポケモンGO』ユーザーが発砲事件の被害に

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top