ハードコアゲーマーのためのWebメディア

アナリスト「マイケル・パクター」が語るゲーム機の退廃、Microsoft年末商戦、『Destiny』の評価

ニュース 最新ニュース

近年『Titanfall』や『Dead Rising 3』に『Ryse: Son of Rome』など、MicrosoftはXbox向けの独占タイトルをWindowsでもマルチプラットフォーム販売しています。同社の動向に関してWebbush Securitiesのアナリストであるマイケル・パクター氏が触れ、これが将来的にコンソールが廃れることを予見したMicrosoftの動きであるだろうと解説しました。

サンフランシスコで開催されたイベント「GamesBeat 2014」にて、司会のGeoff Keighley氏と共に登場したパクター氏は、「コンソールは終わりつつあると考えている。今まではマイクロプロセッサをTVスクリーンに接続することができないから、コンソールを使う必要があった」とコメント。「だが今は、ChromecastのスティックやRokuのボックスを持っていれば、それができてしまう。それなのになぜコンソールを買うんだ?というか、今後2世代にわたり全てのゲームを動作させるに十分なパワーを携帯電話が持つようになる。それで、どうしてコンソールを買うんだ?私はMicrosoftがこのことを理解しているのだと思っている」と伝えています。

この意見はMicrosoftによってMojangが買収されたニュースのあとに語られたもので、パクター氏の発言を取り上げた海外メディアGamesBeatは、特にモバイル版が人気のある『Minecraft』を有するスタジオを25億ドルで買収したことが、この主張を補強するものになると付け加えています。今年6月には『Minecraft』はPC/Mac版が1,500万本以上を売り上げ、さらにコンソール版がこのセールスを超えたことが明らかにされていましたが、もっとも売れているのはiOS/Android版の『Minecraft: Pocket Edition』。同エディションの売り上げはすでに2,000万本を突破しています。

業界に様々な"意見"を述べることで知られるマイケル・パクター氏。GamesBeat 2014ではMicrosoftがXbox Oneに関して「エキサイティングなホリデー向けプロモーション」を進めていることを明らかに。また海外メディアによる『Destiny』への評価についても触れ、「フランチャイズの再出発をサポートするには十分でないと捉えている。次の段階でBungieは(『Destiny』を)ステップアップさせなければならない」とコメントしています。
《ishigenn》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 44 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. PS4版も発売決定!『モンスターハンター フロンティアZ』メディア体験会で「極まる」新要素を見た

    PS4版も発売決定!『モンスターハンター フロンティアZ』メディア体験会で「極まる」新要素を見た

  2. F2PタクティカルTPS『Tom Clancy's Ghost Recon Phantoms』12月サービス終了へ

    F2PタクティカルTPS『Tom Clancy's Ghost Recon Phantoms』12月サービス終了へ

  3. インサイダー登録者向け『バトルフィールド 1』OBTは1日早く先行実施!

    インサイダー登録者向け『バトルフィールド 1』OBTは1日早く先行実施!

  4. F2Pシューター『Halo Online』開発中止、正式リリースならず

  5. PS4/Xbox One向け『Fallout 4』追加DLC第5弾「Vault-Tec Workshop」国内配信日決定!

  6. カプコンが『バイオハザード7』体験版のヒントを投下!―人形の指が示すものとは…

  7. 【GC 2016】名匠ケン・レヴィンが贈る珠玉の三部作、『バイオショック コレクション』体験レポート

  8. 『ライフ イズ ストレンジ』開発元の新作『Vampyr』15分のプレアルファ版プレイ映像

  9. Battle.netにFacebook連携のゲーム配信機能「ブリザードストリーミング」が実装!

  10. 噂: 「PS4 Slim」に続き新型「DUALSHOCK 4」映像が出現

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top