ハードコアゲーマーのためのWebメディア

PS3/360『F1 2014』のゲーム内容が最新スクリーンショットと共に公開

家庭用ゲーム PS3

PS3/360『F1 2014』のゲーム内容が最新スクリーンショットと共に公開
  • PS3/360『F1 2014』のゲーム内容が最新スクリーンショットと共に公開
  • PS3/360『F1 2014』のゲーム内容が最新スクリーンショットと共に公開
  • PS3/360『F1 2014』のゲーム内容が最新スクリーンショットと共に公開
  • PS3/360『F1 2014』のゲーム内容が最新スクリーンショットと共に公開
レース展開やマシンエンジンなど全てが一新される公式ルールを完全採用して発売となる『F1 2014』ですが、そのゲームモードやシステムなど詳細情報が最新スクリーンショットと共に公開されました。

◆ゲームモード
    ■キャリア
    F1レーサーになるという夢をかなえることができるシナリオモード。実際開催されるレースに参戦し、F1世界選手権でドライバーズ・チャンピオンシップの獲得を目指します。今作から、期間の設定が可能になり、(ショート・ミディアム・フル)から自分の好みに合わせて、選択できます。ショートは7レース、ミディアムは12レース、フルは19レースです。

    ■シナリオモード
    近年のF1の歴史から現実世界の課題等に基づいて再現されたさまざまなシナリオにチャレンジするモード。

    ■オンライン
    最大16人でのオンライン対戦が楽しめるモード。

    ■スプリットスクリーン
    1台のゲーム機を使用して2人のプレイヤーが分割画面で対戦が楽しめるモード。

◆新ロケーション
    『F1 2014』には、F1の19サーキットすべてが収録されています。

  • ドイツの“ホッケンハイムリンク”は、ニュルブルクリンクとの隔年開催。ドライバーにも、F1シリーズのファンにとっても人気のサーキット。

  • オーストリアの“レッドブル・リンク”は、10年以上の年月を経て復活(元A1リンク)。

  • “バーレーン・インターナショナル・サーキット”は、今年の開催よりナイトレースを実施。ゲーム内には、初の昼夜切り替えモードを用意。

  • ロシアの“ソチ・オートドローム”では、新たにロシアグランプリが開催予定。五輪施設周辺を走行。


◆ERS(Energy-Recovery System)
  • 昨年までの運動エネルギー回生システム「KERS」に変わり、今年からは採用されたエネルギー回生システム「ERS」は、運動エネルギーに加えて、排気ガスからの熱エネルギーも再利用します。この機能は、市販ハイブリッド車と基本的な考え方としては同じ仕組みです。

  • また、エンジンと二種類のERS(エネルギー回生システム)等から構成される総合的なエネルギー供給システムのことを「パワーユニット」と総称されます。2015年からホンダが供給するのは、この「パワーユニット」全体です。

  • ERSは、マシンのプログラムで自動制御するため、昨年まであったKERSボタンはなくなっています。ERSが作動すると、まるでモーターのようなエンジン音を発しますが、ゲーム内ではその音の変化までも、忠実に再現されています。

  • パワーユニットの変更により、昨年まで流行した「エキゾーストブロー」(マシンの横後方から排気ガスを排出し、空力性能に活かすシステム)が禁止になりました。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆


昨年まで驚異的な強さを見せていたレッドブルは、今年は苦戦。勢力図も激変しています。


2015年からホンダと組むことが決まっているマクラーレンは、今年は我慢の年か?


フォースインディアはカラーリングを黒ベースに一新。戦略を活かし、上位を脅かすことも。


戦闘力の低いマシンながらも、小林可夢偉は奮闘。その能力を世界中に示しています。


(C) 2014 The Codemasters Software Company Limited (“Codemasters”). All rights reserved. "Codemasters”(R), “Ego”(R) and the Codemasters logo are registered trademarks owned by Codemasters. “Codemasters Racing”(TM) and “RaceNet”(TM) are trademarks of Codemasters. An official product of the FIA FORMULA ONE WORLD CHAMPIONSHIP.
The F1 FORMULA 1 logo, F1 logo, F1 FIA FORMULA 1 WORLD CHAMPIONSHIP logo, FORMULA 1, FORMULA ONE, F1, FIA FORMULA ONE WORLD CHAMPIONSHIP, GRAND PRIX and related marks are trade marks of Formula One Licensing BV, a Formula One group company. Licensed by Formula One World Championship Limited. All rights reserved. All other copyrights or trademarks are the property of their respective owners and are being used under license. Unauthorised copying, adaptation, rental, lending, re-sale, arcade use, charging for use, broadcast, cable transmission, public performance, distribution or extraction of this product or any trademark or copyright work that forms part of this product is prohibited. Developed and published by Codemasters.
《Ten-Four》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 7 件

編集部おすすめの記事

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. PS4/XB1版『オーバーウォッチ』トールビョーンのタレット弱体化へ

    PS4/XB1版『オーバーウォッチ』トールビョーンのタレット弱体化へ

  2. 【攻略特集】『オーバーウォッチ』全21ヒーロー解説まとめ!

    【攻略特集】『オーバーウォッチ』全21ヒーロー解説まとめ!

  3. コースターに乗って恐怖のお化け屋敷を突き進む『Until Dawn: Rush of Blood』プレイレポ

    コースターに乗って恐怖のお化け屋敷を突き進む『Until Dawn: Rush of Blood』プレイレポ

  4. 『Uncharted 4』第1弾マルチプレイDLC新情報!Twitch配信は6月末からスタート

  5. 『No Man’s Sky』開発はラストスパート―E3不在にも回答

  6. 『ストリートファイターV』次期アップデートでオンライン体験改善―マッチング速度向上!

  7. Win10/XB1新作RTS『Halo Wars 2』ローンチ近くに第2弾β実施へ

  8. 【E3 2016】PS4『Days Gone』プレビュー―絶望的オープンワールドサバイバル

  9. 『ストV』新コスチューム/ステージバリエーションが海外向けに披露

  10. 追加ヒーローは無料で!『オーバーウォッチ』開発デザイナーインタビュー

アクセスランキングをもっと見る

page top