ハードコアゲーマーのためのWebメディア

オークが平和に宿屋を営む運営&農業シミュレーション『Orcish Inn』が海外にて正式発表

PC Windows



無骨で粗暴で醜く不潔。さまざまな作品にて化け物のようなイメージが描かれてきた種族「オーク」ですが、海外にてそんなオークが平和かつほがらかに宿屋を営む2Dドットビジュアルのシミュレーションゲーム『Orcish Inn』が正式発表されました。開発はドイツのインディーゲームデベロッパーSteven Colling氏が中心となって担当しています。

『Orcish Inn』はオークの宿屋マスターを主人公とした運営シミュレーションゲームです。プレイヤーは農作物を育てビールを醸造し、建設した宿屋を訪れてくるオークのゲストたちを満足させなければなりません。開発者Colling氏は子供のころに農業や運営シミュレーションゲームをプレイしてきたそうで、そのころの静かながらも深く戦略的なゲーム体験の情熱を共有したいと伝えています。

オークマスターの1日はまず農作物のチェックから始まり、土壌の湿気や栄養分、風よけ対策ができているかなどを確認します。農作物の種類によって湿った土壌や、近くにほかの作物が育っていないといった条件が用意されています。収穫した作物からパンやビールを作るのですが、ビールはモルトと麦芽汁によってビールの味とアルコール度数の強さが決定するなどの細かな設定が用意されているようです。


ゲーム内では宿の建築もプレイヤーが担当することになりますが、プリビルドの家は存在せず、床や壁を設置してデザインしてゆく方式が採用されています。多数の装飾品も用意されており、それぞれの部屋の「快適度」をアップさせればさらに客足も増えるとのこと。夕暮れになると客たちが来店し、ビールを売って利益を出し、新たな農作物の種に投資し、空飛ぶタカの行商人とアイテムを売買する。こうして一夜が過ぎるとオークマスターの1日はようやく終わります。

このほかにもゲーム内には様々なクエストやオーク沼地での漁といったミニゲーム、動物の繁殖や餌付け、自然環境を探索して薪を集めるなどの要素もあるとのこと。平和で忙しいオークライフが楽しめそうな『Orcish Inn』は2015年早期にPCに向けに発売、Mac/Linux版がその後リリース予定となっています。
《ishigenn》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 25 件

編集部おすすめの記事

特集

PC アクセスランキング

  1. 恐竜シューター『The Orion Project』盗用疑惑でSteam販売停止―登場武器が『CoD:BO3』と酷似

    恐竜シューター『The Orion Project』盗用疑惑でSteam販売停止―登場武器が『CoD:BO3』と酷似

  2. 『BF1』の戦闘を全アングルで!爆撃機に戦車、ドでかい飛行船内部も

    『BF1』の戦闘を全アングルで!爆撃機に戦車、ドでかい飛行船内部も

  3. 90年代の日本産STGへの愛が込められた『ザイドニア』プロジェクトが公開

    90年代の日本産STGへの愛が込められた『ザイドニア』プロジェクトが公開

  4. 『Absolver』『Strafe』『Shadow Warrior 2』…Devolver Digitalトレーラーハウスで3作品をチェック

  5. CygamesのTCG『Shadowverse』PC版がSteam Greenlightに登録、クロスプレイ対応か

  6. 殺人鬼vs若者の非対称ホラー『Dead by Daylight』発売日決定!―最新映像も

  7. 『シヴィライゼーション VI』が電撃発表! 日本語版情報やトレイラーも

  8. 恐怖の鬼ごっこ対戦ホラー『Dead by Daylight』初週販売27万本突破

  9. 非対称PvPホラー『Dead by Daylight』プレイレポ―開発者からメッセージも

  10. 非対称マルチホラー『Dead by Daylight』クローズドベータ始動!狩りが始まる…

アクセスランキングをもっと見る

page top