Bethesdaが『The Evil Within』のフレームレートやアスペクト比を明確化、グラフィック設定についても | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Bethesdaが『The Evil Within』のフレームレートやアスペクト比を明確化、グラフィック設定についても

家庭用ゲーム PS4

先日パブリッシャーのBethesda SoftworksよりPC版の動作環境が明らかにされ、GPUにおけるVRAM 4GBの推奨設定などが注目を集めたサバイバルホラー新作『The Evil Within』。同社がさらに同作のフレームレートやPC版におけるグラフィック設定オプションについて公式フォーラムにて言及しました。

Bethesdaのリードコミュニティマネージャーによれば『The Evil Within』は全プラットフォームにて30fps、アスペクト比は2.35:1(映画フィルムなどで見られる横長の比率)で動作する予定です。ゲーム内ではレターボックスが利用されており、いわゆる黒帯内にゲームプレイ要素が表示される仕様となっています。

PC版ではデバックコマンドを利用してフレームレートやアスペクト比を変更することが可能であるとされていますが、一方でこれらの変更は推奨およびサポートはされておらず、通常の動作設定にてプレイすることが薦められています。また、PC版は対応しているモニタとビデオカードがあれば4K解像度でのプレイも可能とのこと。

このほかグラフィックの設定項目は以下の通り。
    ■全プラットフォーム
  • 明るさ
  • 表示エリアの調整
  • スクリーン上の粒子の調整
  • ■PC版における追加項目(要ハードウェアのサポート)
  • フルスクリーンとウィンドウの切り替え
  • アンチエイリアス: FXAA/ MLAA/ SMAA
  • 影のクオリティ: High/ Medium/ Low
  • モーションブラー
  • SSAO
  • 反射(Reflections)
《ishigenn》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 24 件

編集部おすすめの記事

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『バイオハザード7』にクリス・レッドフィールドが登場!短編DLCの情報が公開

    『バイオハザード7』にクリス・レッドフィールドが登場!短編DLCの情報が公開

  2. 『仁王』全世界で100万本を突破、2月24日のVer1.04アプデで記念アイテム「黄金の仁王鎧」を配布

    『仁王』全世界で100万本を突破、2月24日のVer1.04アプデで記念アイテム「黄金の仁王鎧」を配布

  3. 新作サイバーパンクACT『RUINER』のXbox One/PS4版が海外発表!

    新作サイバーパンクACT『RUINER』のXbox One/PS4版が海外発表!

  4. スイッチのローンチDLソフトに『VOEZ』『ブラスターマスター ゼロ』など追加!ポイソフトやアークシステムワークスの新作も

  5. Insomniac代表、『Sunset Overdrive』続編展開に意欲も「Microsoftに」

  6. PS4/PC『ゴーストリコン ワイルドランズ』オープンβ開始!―Web限定実写CMも公開

  7. PS4『ニーア オートマタ』DL版で不具合発生中―公式Twitterにて対処方法を公開

  8. 『Halo』シリーズ次回作からは「画面分割」を再び取り入れる―343 Industries代表

  9. 『GRAVITY DAZE 2』「クロウ」が主役の大型DLCが3月21日配信、価格は無料で本編のやりこみ要素も追加

  10. ニンテンドースイッチ発売時に「バーチャルコンソール」の販売はなし─国内向けに改めて発表

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top