ハードコアゲーマーのためのWebメディア

プレイヤーの心拍数を計測するホラーゲーム『Nevermind』がKickstarterで再始動

ゲーム文化 Kickstarter


開発チームのFlying Molluskは、ホラーアドベンチャーゲーム『Nevermind』のKickstarterキャンペーンをスタートしました。同作は今年2月にKickstarterで25万ドルの開発資金獲得に失敗したプロジェクトで、2度目となる今回のクラウドファンディングでは7万5,000ドルを目標額としています。

『Nevermind』はバイオフィードバック対応のホラーアドベンチャーゲームです。通常の方法では対処できない重度の精神病患者を治療する医者"Nuroprober"を操作し、彼らの潜在意識を探索してトラウマから救い出すことが目的となります。

ゲームデザイン自体は探索しパズルを解いていく『Myst』などのアドベンチャーゲームの枠を利用していますが、これにくわえてプレイヤーの心拍数を計測する独自のシステムが盛り込まれており、本作最大の特徴です。ゲームプレイ中に計測された心拍数はゲームの難易度にも影響を与え、たとえば強いストレスや恐怖を感じるとゲーム内の難易度は上昇し、平穏を保てていると難易度は降下します。クリアにはゲームの腕だけでなく自身の心をコントロールする術も必要になるということです。


なお現時点で『Nevermind』は心拍数の計測装置としてIntel RealSenseのカメラやGarminの心拍数モニターストラップなどに対応しているとのこと。またハードウェアが無くとも、視点やプレイヤーの移動などから反応をキャッチし、バイオフィードバックをエミュレートするシステムが搭載されているようです。
《ishigenn》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 5 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『オーバーウォッチ』の「Nepal」マップはこんな構造だったのか!―エリア外に進入できるグリッチで判明

    『オーバーウォッチ』の「Nepal」マップはこんな構造だったのか!―エリア外に進入できるグリッチで判明

  2. 【コラム】『ファイナルファンタジーXV』と「リアル」の変質

    【コラム】『ファイナルファンタジーXV』と「リアル」の変質

  3. 『シェンムー3』サブディレクターとしてシリーズ主要スタッフ岡安啓司氏が参加

    『シェンムー3』サブディレクターとしてシリーズ主要スタッフ岡安啓司氏が参加

  4. 映画版『アンチャーテッド』脚本家としてジョー・カーナハン参加、「特攻野郎Aチーム」など製作経験

  5. ドキュメンタリー「Branching Paths」国内配信開始―日本インディーゲーム界を今を描く

  6. 錦糸公園、鶴舞公園など『ポケモンGO』人気スポットにトレーナー殺到

  7. SF青春ADV『ライフ イズ ストレンジ』実写映像シリーズが製作決定

  8. 実写のような空気感!『GTA V』ビジュアルMod「NaturalVision」が公開

  9. 英雄は悩殺!『オーバーウォッチ』マーシーの天使コスプレ―D.Vaちゃんのごろ寝ショットも

  10. 『Pokemon GO』トレーナー必携?「ポケモンずかん」風DIYスマホケース

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top