ハードコアゲーマーのためのWebメディア

PC版『The Evil Within』にアップデート実施、レターボックス解除やfpsセッティングなど追加

PC Windows

PC版『The Evil Within』にアップデート実施、レターボックス解除やfpsセッティングなど追加
  • PC版『The Evil Within』にアップデート実施、レターボックス解除やfpsセッティングなど追加
Tango Gameworks開発を手掛けた、Steamで配信中のPC版『The Evil Within』に新たなアップデートが施され、そのパッチノートが公開されています。
  • フレームレートのセッティング機能を追加(30fpsから60fpsまで調節可能)
  • レターボックスセッティング機能を追加(トグルでレターボックスを解除可能)
  • 30fps動作における問題を修正
  • レターボックス解除に伴うビジュアル面での問題を修正
  • 実績機能の不具合修正
  • ウィンドウモードでの初回起動時における問題を修正
  • ローカライズを一部修正
Steamで確認出来る同作のアップデート情報は以上。fpsセッティング機能のほか、画面上下の“黒帯”を取り除くことが出来るレターボックスセッティングが追加され、更にプレイヤーとプレイ環境に適した調節を施すことが可能になりました。

以前にはBethesda公式フォーラムにて使用可能なコンソールコマンド一覧が公開されていましたが、これによりフレームレートの調節を用意に行うことが出来る模様です。Steamを介して同作をプレイしているユーザーは確認してみてはいかがでしょうか。
《subimago》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 34 件

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. 【UPDATE】PC版『オーバーウォッチ』新パッチ配信!待望の「ライバル・プレイ」追加

    【UPDATE】PC版『オーバーウォッチ』新パッチ配信!待望の「ライバル・プレイ」追加

  2. ヴィクトリア女王参戦!『シヴィライゼーション VI』国内向けイギリス映像

    ヴィクトリア女王参戦!『シヴィライゼーション VI』国内向けイギリス映像

  3. 恐竜シューター『The Orion Project』盗用疑惑でSteam販売停止―登場武器が『CoD:BO3』と酷似

    恐竜シューター『The Orion Project』盗用疑惑でSteam販売停止―登場武器が『CoD:BO3』と酷似

  4. 90年代の日本産STGへの愛が込められた『ザイドニア』プロジェクトが公開

  5. 『BF1』の戦闘を全アングルで!爆撃機に戦車、ドでかい飛行船内部も

  6. 『LEGO スター・ウォーズ/フォースの覚醒』200人以上のプレイキャラ紹介映像!

  7. CygamesのTCG『Shadowverse』PC版がSteam Greenlightに登録、クロスプレイ対応か

  8. 『Absolver』『Strafe』『Shadow Warrior 2』…Devolver Digitalトレーラーハウスで3作品をチェック

  9. 『Overwatch』ランクマッチの離脱ペナルティーには「シーズン中BAN」も―PTR参加者報告

  10. 殺人鬼vs若者の非対称ホラー『Dead by Daylight』発売日決定!―最新映像も

アクセスランキングをもっと見る

page top