ハードコアゲーマーのためのWebメディア

原寸大で9kg『Halo』の武器プラズマライフルのレプリカ製作販売スタート、お値段約7万円

ニュース 発表

原寸大で9kg『Halo』の武器プラズマライフルのレプリカ製作販売スタート、お値段約7万円
  • 原寸大で9kg『Halo』の武器プラズマライフルのレプリカ製作販売スタート、お値段約7万円
  • 原寸大で9kg『Halo』の武器プラズマライフルのレプリカ製作販売スタート、お値段約7万円
  • 原寸大で9kg『Halo』の武器プラズマライフルのレプリカ製作販売スタート、お値段約7万円
  • 原寸大で9kg『Halo』の武器プラズマライフルのレプリカ製作販売スタート、お値段約7万円
  • 原寸大で9kg『Halo』の武器プラズマライフルのレプリカ製作販売スタート、お値段約7万円

先日海外でローンチを迎えた『Halo: The Master Chief Collection』。同シリーズに登場する敵「コブナント」が持つ武器「プラズマライフル」の原寸大レプリカを米国のクリエイターレーベルTriForceが製作し、販売を開始しました。

正式なライセンスを取得して製作されているプラズマライフルのレプリカ。原型は『Halo 2: Anniversary Edition』のものを採用しており、青紫色のノーマルモデルと連射性能が強化された赤色のブルートモデルが製作されています。原寸大で製作されているプラズマライフルの重さは20ポンド(約9キロ)と中々の重量感で、光を発する部分にはLEDが使用されています。


TriForceの職人により手仕上げされる本レプリカは、ノーマルモデルが600ドルで限定500個、ブルートモデルが650ドルで限定150個の製作販売が行われ、それぞれ前払いの補償金が必要です。出荷は2015年後半を予定されています。TriForceでは他にも『Evolve』に登場するモンスター「ゴリアス」の巨大スタチュー、『Borderlands』や『Mass Effect』シリーズの銃器などを製作しています。気になる方はTriForceの公式サイトをチェックしてみてはいかがでしょうか。
《水京》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 17 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. Mark V戦車が来る!『バトルフィールド 1』最新ゲームプレイが近日披露

    Mark V戦車が来る!『バトルフィールド 1』最新ゲームプレイが近日披露

  2. 世界最大の音楽ストリーミング「Spotify」が国内PS4/PS3などで解禁へ

    世界最大の音楽ストリーミング「Spotify」が国内PS4/PS3などで解禁へ

  3. 前作と最新作がセット!『トゥームレイダーまとめて遊ぼうパック』国内PS Storeで配信

    前作と最新作がセット!『トゥームレイダーまとめて遊ぼうパック』国内PS Storeで配信

  4. 『No Man's Sky』英広告規制局がSteamストアの調査を開始―誇大広告の疑い

  5. 噂: リマスター版『Bulletstorm』らしき審査情報が伯レーティング機関で発見

  6. エクストリームスポーツ『STEEP』国内発売日決定!アルプスが広大な遊び場に

  7. 3D美少女モデル「ヴィエンヌ」と「リナ」の無料配信スタート、VRコンテンツ向けに制作

  8. 『DOOM』最新作のサウンドトラックが無料公開―名曲の数々が2時間以上収録

  9. 新作『アサクリ』は「準備が出来次第」リリース、2017年に発売しない可能性も

  10. 新作アクションRPG『Cyberpunk 2077』の一部ディテールが判明か―シームレスなマルチプレイヤーも?

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top