“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

Metacriticゲームパブリッシャーランキング2014が発表!トップは任天堂

Metacriticゲームパブリッシャーランキング2014が発表!トップは任天堂

January 28, 2015(Wed) 23:18 / by インサイド

Metacriticのゲームパブリッシャーランキング2014が発表されました。

2014年のトップに輝いたのは任天堂で、Wii Uソフトが高評価を受けています。 また、ユービーアイソフトとEAが去年と同じく2位と3位に入っており、次いでソニー、スクウェア・エニックス、マイクロソフト、バンダイナムコゲームス、アクティビジョン・ブリザードと続きます。

    1位:任天堂 (前年4位)
    自社タイトル 34本
    トータル数 34本
    メタスコア平均 76.5

    ・総合ベスト
    『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U』(Wii U) 91
    ・ベスト新作タイトル
    『ブレイブリーデフォルト』(3DS) 85
    ・総合ワースト
    『実写でちびロボ!』(3DS) 49
    ・Metacriticユーザー評価
    『ベヨネッタ』(Wii U) 9.1
    『ベヨネッタ2』(Wii U) 9.1
    『マリオカート8』(Wii U) 9.1

    2位:ユービーアイソフト (前年2位)
    自社タイトル 21本
    トータル数 54本
    メタスコア平均 74.1

    ・総合ベスト
    『レイマン レジェンド』(Xbox One) 91
    『レイマン レジェンド』(PS4) 90
    ・ベスト新作タイトル
    『チャイルド オブ ライト』(PS3)
    ・総合ワースト
    『Shape Up』(Xbox One) 52
    ・Metacriticユーザー評価
    『South Park: The Stick of Truth』(PC) 8.6

    3位:EA (前年3位)
    自社タイトル 14本
    トータル数 29本
    メタスコア平均 74.5

    ・総合ベスト
    『ドラゴンエイジ:インクイジション』(PS4) 89
    ・ベスト新作タイトル
    『タイタンフォール』(Xbox One) 86
    ・総合ワースト
    『NBA Live 15』(Xbox One) 53
    ・Metacriticユーザー評価
    『プラントvs.ゾンビ ガーデンウォーフェア』(PS4) 7.6

    4位:ソニー (前年5位)
    自社タイトル 32本
    トータル数 41本
    メタスコア平均 72.5

    ・総合ベスト
    『The Last of Us Remastered』(PS4) 95
    ・ベスト新作タイトル
    『ホホクム』(PS4) 75
    ・総合ワースト
    『SingStar: Ultimate Party』(PS4) 46
    ・Metacriticユーザー評価
    『The Last of Us Remastered』(PS4) 8.7

    5位:スクウェア・エニックス (前年ランク外)
    自社タイトル 15本
    トータル数 25本
    メタスコア平均 71.7

    ・総合ベスト
    『ファイナルファンタジー X/X-2 HD Remaster』(PS Vita) 86
    ・ベスト新作タイトル
    『Murdered: Souls Suspect』(PC) 59
    ・総合ワースト
    『Deus Ex: The Fall』(PC) 45
    ・Metacriticユーザー評価
    『シアトリズム ファイナルファンタジー カーテンコール』(3DS) 8.9

    6位:マイクロソフト (前年6位)
    自社タイトル 21本
    トータル数 23本
    メタスコア平均 68.9

    ・総合ベスト
    『Minecraft: Xbox One Edition』(Xbox One) 88
    ・ベスト新作タイトル
    『Sunset Overdrive』(Xbox One) 81
    ・総合ワースト
    『デッドライジング3: Chaos Rising (DLC)』(Xbox One) 50
    ・Metacriticユーザー評価
    『Forza Horizon 2: Storm Island』(DLC) 8.1

    7位:バンダイナムコゲームス (前年9位)
    ※D3のパブリッシャーを含む
    自社タイトル 29本
    トータル数 50本
    メタスコア平均 68

    ・総合ベスト
    『Dark Souls II』(Xbox 360) 91
    ・ベスト新作タイトル
    『DeadCore』(PC) 79
    ・総合ワースト
    『テンカイナイト ブレイブバトル』(3DS) 26
    ・Metacriticユーザー評価
    『テイルズ オブ エクシリア2』(PS3) 8.6

    8位:アクティビジョン・ブリザード (前年8位)
    自社タイトル 17本
    トータル数 34本
    メタスコア平均 67.1

    ・総合ベスト
    『Diablo III: Ultimate Evil Editio』(PS4) 90
    ・ベスト新作タイトル
    『Destiny』(PS4) 76
    ・総合ワースト
    『Transformers: Rise of the Dark Spark』(Wii U) 38
    ・Metacriticユーザー評価
    『Diablo III: Ultimate Evil Editio』(PS4) 8.0


記事提供元: インサイド
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


評価の高いコメント

  • 2015年1月28日 23:38:05 ID: J/G75Q0u3N4L
    4 スパくんのお友達さん
    通報する

    いちいち煽らなくていいから
    日本社上位多くて喜ばしいじゃん

  • 2015年1月29日 00:16:30 ID: sKTyQdptw4VB
    15 スパくんのお友達さん
    通報する

    任天堂の凄いのは、他が軒並みユーザースコアが8点台(7点すらある)の所
    3タイトルも9点台に載せてる所だな。評論家はもちろんユーザーにも支持されてるのは立派

  • 2015年1月28日 23:43:16 ID: 2UGPqDpIYutQ
    7 スパくんのお友達さん
    通報する

    まあ当然ちゃあ当然の結果だよな常に一定水準に達したソフト出し続けてるからな
    それよりスクエニの前年度圏外に草

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 20 件

no image