“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

熱心なファンが『ファイナルファンタジーVII』を非公式にオープンワールド化―クオリティが凄い!

March 06, 2015(Fri) 17:59 / by 水京


1997年に初代PlayStationにて発売された『ファイナルファンタジー VII』。本作のファンがオープンワールド化した非公式続編『Final Fantasy VII - Time Guardian』を開発し、プレイシーンを収録したトレイラーを公開しました。

ファンによって開発された『Final Fantasy VII - Time Guardian』は、オリジナルの作品をオープンワールド化したもの。動画では、昼夜の概念やクラフトシステム、PHSシステム、ランダムダンジョン、フィールドスキル、最大3パーティーまで編成できるパーティーシステムといった追加開発された新しい要素を紹介しています。

非公式続編を開発したのは青森県に拠点を置くインディー開発者Roden氏。同氏によると、『Final Fantasy VII - Time Guardian』は初代プレイステーション用のオリジナルゲームエンジンで開発しており、オリジナルのPS『FF7』エンジンの性能を実証するためにプロジェクトを立ち上げたとのこと。Roden氏の個人的なプロジェクトのため公開や配布はされていませんが、実際に初代プレイステーションにてプレイ可能で、ディスク容量は9枚に及んだことを伝えています。

なお、本作の開発は既に停止しており、Roden氏は自身のゲームスタジオRodensoftにてオリジナルRPGの開発に取り組んでいます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


評価の高いコメント

  • 2015年3月6日 18:43:29 ID: dcAjuPv8+SF9
    5 スパくんのお友達さん
    通報する

    >>2
    オブリもスカイリムもシームレスじゃねえですぜ旦那

  • 2015年3月6日 18:37:57 ID: 1S+dWoHXT4So
    3 スパくんのお友達さん
    通報する

    シームレスとオープンワールドは違う

  • 2015年3月6日 19:02:52 ID: naEyf5N4lWCj
    8 kaiさん
    通報する

    定義付けの議論に熱心だな
    くだらなすぎ
    動画の中身を話せよ

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 29 件

no image