ハードコアゲーマーのためのWebメディア

熱心なファンが『ファイナルファンタジーVII』を非公式にオープンワールド化―クオリティが凄い!

メディア 動画


1997年に初代PlayStationにて発売された『ファイナルファンタジー VII』。本作のファンがオープンワールド化した非公式続編『Final Fantasy VII - Time Guardian』を開発し、プレイシーンを収録したトレイラーを公開しました。

ファンによって開発された『Final Fantasy VII - Time Guardian』は、オリジナルの作品をオープンワールド化したもの。動画では、昼夜の概念やクラフトシステム、PHSシステム、ランダムダンジョン、フィールドスキル、最大3パーティーまで編成できるパーティーシステムといった追加開発された新しい要素を紹介しています。

非公式続編を開発したのは青森県に拠点を置くインディー開発者Roden氏。同氏によると、『Final Fantasy VII - Time Guardian』は初代プレイステーション用のオリジナルゲームエンジンで開発しており、オリジナルのPS『FF7』エンジンの性能を実証するためにプロジェクトを立ち上げたとのこと。Roden氏の個人的なプロジェクトのため公開や配布はされていませんが、実際に初代プレイステーションにてプレイ可能で、ディスク容量は9枚に及んだことを伝えています。

なお、本作の開発は既に停止しており、Roden氏は自身のゲームスタジオRodensoftにてオリジナルRPGの開発に取り組んでいます。
《水京》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 29 件

編集部おすすめの記事

メディア アクセスランキング

  1. 待望の『DARK SOULS III』DLC、全2種でリリース決定―第1弾「ASHES OF ARIANDEL」10月25日配信!

    待望の『DARK SOULS III』DLC、全2種でリリース決定―第1弾「ASHES OF ARIANDEL」10月25日配信!

  2. 未発売のHDリマスタ版『ゴールデンアイ 007』プレイ映像が出現

    未発売のHDリマスタ版『ゴールデンアイ 007』プレイ映像が出現

  3. 怪獣映画並みの大騒ぎ!台湾で『ポケモンGO』ブームが深刻化

    怪獣映画並みの大騒ぎ!台湾で『ポケモンGO』ブームが深刻化

  4. 運転でバレバレ…どう見ても『ポケモンGO』プレイ中の一般車をヘリが空撮

  5. 映画版「アサシン クリード」国内で2017年に全国ロードショー決定!

  6. 『マフィアIII』復讐に燃える荒くれギャング“トーマス・バーク”解説映像

  7. 【E3 2016】PS4/XB1/PC向けリマスター版『Skyrim』海外で10月発売、コンソール版Modも

  8. タメになる『オーバーウォッチ』ユーザープレイ映像―自己犠牲こそチームプレイ!

  9. ゾンビの姿も…ララの過去を巡るDLC『Rise of the Tomb Raider: Blood Ties』海外向け映像

  10. どれだけ違う?『スカイリム』高画質化Mod適用版とリマスター版の比較映像!

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top