デスレースが遂に開幕!『Carmageddon: Reincarnation』が正式リリース―歩行者無視のカーアクション | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

デスレースが遂に開幕!『Carmageddon: Reincarnation』が正式リリース―歩行者無視のカーアクション

ニュース 最新ニュース

デスレースが遂に開幕!『Carmageddon: Reincarnation』が正式リリース―歩行者無視のカーアクション
  • デスレースが遂に開幕!『Carmageddon: Reincarnation』が正式リリース―歩行者無視のカーアクション
  • デスレースが遂に開幕!『Carmageddon: Reincarnation』が正式リリース―歩行者無視のカーアクション
  • デスレースが遂に開幕!『Carmageddon: Reincarnation』が正式リリース―歩行者無視のカーアクション
  • デスレースが遂に開幕!『Carmageddon: Reincarnation』が正式リリース―歩行者無視のカーアクション
  • デスレースが遂に開幕!『Carmageddon: Reincarnation』が正式リリース―歩行者無視のカーアクション
  • デスレースが遂に開幕!『Carmageddon: Reincarnation』が正式リリース―歩行者無視のカーアクション
  • デスレースが遂に開幕!『Carmageddon: Reincarnation』が正式リリース―歩行者無視のカーアクション
  • デスレースが遂に開幕!『Carmageddon: Reincarnation』が正式リリース―歩行者無視のカーアクション

1997年に第1作目が発売され、その過激な内容から大きな議論を巻き起こした『Carmageddon』シリーズの最新作、『Carmageddon: Reincarnation』が正式リリースとなりました。攻撃的な外見の車が激突するローンチトレイラーも公開されています。

!注意!グロテスクな表現や残酷表現が苦手な方、18歳未満の方は閲覧をご遠慮下さい。

歩行者がうろつく市街地や工場などでレースを行う本作。ゲームはキャリアモード(バラエティ豊かな9レベル、50のイベント)、6種類のゲームモード、24台の車両、100近いパワーアップ、6プレイヤーのマルチプレイ、フリープレイ、Modモード“CarMODgeddon”、Smelly Bushコレクタブル、アップグレードトークン、実績、スコアボードを特色としています。


2011年に正式発表、2012年にはKickstarterを成功させ、昨年からは早期アクセスが実施。そして遂に正式リリースとなった『Carmageddon: Reincarnation』は、PCを対象に2,980円でSteam配信中です。MacやLinux、現世代コンソールでのリリースも計画されています。


冒頭でも触れたように過激さや残虐さが取り沙汰された本シリーズですが、デベロッパーStainless GamesのNeil Barnden氏は過去のインタビューにおいて、『Carmageddon』のバイオレンス表現は「トムとジェリー」のようなものと表現し、ユーモアが新作の重要なセールスポイントであると語っていました
《RIKUSYO》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 9 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. Steamの『Art of Stealth』が僅か6日で削除―開発者の自演レビュー発覚

    Steamの『Art of Stealth』が僅か6日で削除―開発者の自演レビュー発覚

  2. あの強烈な仲人デートシム『キティ パワーズ・マッチメーカー』PS4/XB1版海外発表

    あの強烈な仲人デートシム『キティ パワーズ・マッチメーカー』PS4/XB1版海外発表

  3. 18禁アダルトゲームもSteamに登場か?海外ユーザー質問にValve社CEOが返答

    18禁アダルトゲームもSteamに登場か?海外ユーザー質問にValve社CEOが返答

  4. PS4版『ライズ オブ ザ トゥームレイダー』体験版が期間限定配信!製品版セールも

  5. 狙撃FPS『Sniper Ghost Warrior 3』PC向けオープンベータが海外発表

  6. Valveが本格的シングルプレイゲームを開発中―『Half-Life 3』中止の噂は「信じる」

  7. 元Activision傘下の『Guitar Hero』開発陣がUbisoftに参加、他スタジオとAAA作品開発へ

  8. ゲイブ氏「最適なコンテンツ表示機能の強化が必要」―Steamリリース数の急激な増加について

  9. 「EA Play 2017」米カリフォルニアで6月開催決定、映像配信や大会イベントも

  10. Valveの未発表新製品は「Source 2」採用、エンジンは今後も提供継続へ

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top