机上の肉弾戦!ユーザー制作「Unreal Engine 4」AR対応プラグイン配信 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

机上の肉弾戦!ユーザー制作「Unreal Engine 4」AR対応プラグイン配信

メディア 動画

机上の肉弾戦!ユーザー制作「Unreal Engine 4」AR対応プラグイン配信
  • 机上の肉弾戦!ユーザー制作「Unreal Engine 4」AR対応プラグイン配信

Epic Gamesが提供しているゲームエンジン「Unreal Engine 4」。海外ユーザーAdam Horvath氏より、本エンジンをAR(Augmented Reality)に対応させるプラグイン「UNREAL4AR」が配信されています。

本プラグインは誰でも使えるオープンソースソフトウェアライブラリ「ARToolkit」を利用して提供中。ARに対応したカメラを通すと、机の上をはじめ、様々な場所で3Dキャラクターを表示可能になります。海外サイトTechnabobによると、Windows/OS X/iOS/Androidに対応しているとのこと。

上記掲載の映像では、Epic GamesによるUnreal Engine 4デモ「Matinee Fight Scene」を使用しており、周囲の環境オブジェクトは表示されません。そのため、キャラクターだけが動く迫力の戦闘シーンが視聴できます。

Unreal Engine 4用プラグイン「UNREAL4AR」はこちらのページで配信中です。
《秋夏》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 6 件

編集部おすすめの記事

メディア アクセスランキング

  1. 機関銃が唸る!『レインボーシックス シージ』スペツナズトレイラー、サーバーは国内MS Azureを使用

    機関銃が唸る!『レインボーシックス シージ』スペツナズトレイラー、サーバーは国内MS Azureを使用

  2. 海外版くにおくん続編『River City Ransom: Underground』最新映像!―ビシバシアクション披露

    海外版くにおくん続編『River City Ransom: Underground』最新映像!―ビシバシアクション披露

  3. 新作オープンワールドサバイバルMMO『Lost Region』の映像が公開!―indiegogoも開始

    新作オープンワールドサバイバルMMO『Lost Region』の映像が公開!―indiegogoも開始

  4. 海外版くにおくん続編『River City Ransom: Underground』最新映像―Steam Greenlightにも登場

  5. プロ仕様PS4コントローラー「Nacon Revolution」欧州向け映像ー感度など徹底カスタマイズ可能

  6. どれだけ違う?『スカイリム』高画質化Mod適用版とリマスター版の比較映像!

  7. 『バイオハザード7』追加DLC「発禁フッテージ Vol.2」がPS4向けに配信開始!

  8. 細部もくっきり!『アサクリ エツィオ コレクション』とオリジナル版との比較映像

  9. 新コンテンツは5時間分!『ウォッチドッグス 2』DLC第2弾「Human Conditions」海外向けローンチ映像

  10. コーヒーカップからバナナまで様々な物体に変身する『Prey』最新映像!

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top