ハードコアゲーマーのためのWebメディア

机上の肉弾戦!ユーザー制作「Unreal Engine 4」AR対応プラグイン配信

メディア 動画

机上の肉弾戦!ユーザー制作「Unreal Engine 4」AR対応プラグイン配信
  • 机上の肉弾戦!ユーザー制作「Unreal Engine 4」AR対応プラグイン配信

Epic Gamesが提供しているゲームエンジン「Unreal Engine 4」。海外ユーザーAdam Horvath氏より、本エンジンをAR(Augmented Reality)に対応させるプラグイン「UNREAL4AR」が配信されています。

本プラグインは誰でも使えるオープンソースソフトウェアライブラリ「ARToolkit」を利用して提供中。ARに対応したカメラを通すと、机の上をはじめ、様々な場所で3Dキャラクターを表示可能になります。海外サイトTechnabobによると、Windows/OS X/iOS/Androidに対応しているとのこと。

上記掲載の映像では、Epic GamesによるUnreal Engine 4デモ「Matinee Fight Scene」を使用しており、周囲の環境オブジェクトは表示されません。そのため、キャラクターだけが動く迫力の戦闘シーンが視聴できます。

Unreal Engine 4用プラグイン「UNREAL4AR」はこちらのページで配信中です。
《秋夏》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 6 件

編集部おすすめの記事

メディア アクセスランキング

  1. リブート版『System Shock』8分以上のプレイ映像!―Kickstarterも開始間近

    リブート版『System Shock』8分以上のプレイ映像!―Kickstarterも開始間近

  2. 【E3 2016】PS4/XB1/PC向けリマスター版『Skyrim』海外で10月発売、コンソール版Modも

    【E3 2016】PS4/XB1/PC向けリマスター版『Skyrim』海外で10月発売、コンソール版Modも

  3. これは目立つぞ!『オーバーウォッチ』ランクマッチ報酬「金色武器」のプレビュー画像

    これは目立つぞ!『オーバーウォッチ』ランクマッチ報酬「金色武器」のプレビュー画像

  4. 『Battlefield 1』各クラス出撃画面のプレイ映像―気になるガジェットの詳細も

  5. 『Fallout 4』新DLC「Contraptions Workshop」海外配信開始―PC日本語版は現時点で未対応

  6. 映画版「アサシン クリード」国内で2017年に全国ロードショー決定!

  7. 『Fallout 4』の噂検証第4弾!重いオブジェクトで人を殴ると誰にもバレないか?他

  8. トウモロコシ畑で襲われる『Outlast 2』の戦慄ゲームプレイ映像

  9. 『聖剣伝説3』自主制作フルCGムービーが凄い!原作の名場面を再現、愛にあふれた2分半の大作

  10. 【E3 2016】『Fallout 4』3つの新アドオンが発表―「ヌカ・コーラ」テーマパークも!

アクセスランキングをもっと見る

page top