中国の自律飛行ドローンがCESに展示―人を乗せて500m上昇可能 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

中国の自律飛行ドローンがCESに展示―人を乗せて500m上昇可能

ゲーム文化 ホビー・グッズ

中国の自律飛行ドローンがCESに展示―人を乗せて500m上昇可能
  • 中国の自律飛行ドローンがCESに展示―人を乗せて500m上昇可能
  • 中国の自律飛行ドローンがCESに展示―人を乗せて500m上昇可能
  • 中国の自律飛行ドローンがCESに展示―人を乗せて500m上昇可能
  • 中国の自律飛行ドローンがCESに展示―人を乗せて500m上昇可能

1月6日から9日までラスベガスで開催されたCES会場に、人が乗れる超大型ドローンが出現し注目を集めていました。

このドローン「Ehang 184」は中国のメーカーEhangが開発したもので、Google Mapで指定した場所まで自律飛行が可能とされています。ただし、バッテリーは23分までしか駆動できないので、その範囲内となりそうです。操縦席にはタブレットPCが備え付けられていることから、緊急時には搭乗者が操縦を行えるのかもしれません。

会場では展示のみで、実際に動く姿は確認できませんでしたが、「Ehang 184」のサイト情報によると1人乗った状態で500mまで上昇でき、平均速度は時速100Kmであるとのこと。



記事提供元: インサイド
《インサイド》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 40 件

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. トランプ大統領の関税がゲーム業界にも影響か

    トランプ大統領の関税がゲーム業界にも影響か

  2. 海外ゲーマーが『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』を目隠しでクリア!―約9時間で全ボス撃破

    海外ゲーマーが『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』を目隠しでクリア!―約9時間で全ボス撃破

  3. 高評価SFサンドボックス『Starbound』250万セールスを達成

    高評価SFサンドボックス『Starbound』250万セールスを達成

  4. ブラジルでまさかのPS2用『GTA 6』パッケージ目撃

  5. e-Sportsを子供も大人も楽しんだ『ベイングローリー』セミナーレポ

  6. Yahoo!で“狂怖”と検索すると...?『バイオハザード7』“狂怖の館”アプリ登場

  7. ホラー界新星『Year Of The Ladybug』日本語字幕トレイラー!主人公は連続殺人犯

  8. 米大統領選の影響でトランプ氏モチーフの絵文字がSteamマーケットで値上がり!

  9. 可愛すぎる!『オーバーウォッチ』の「猫版」ハイライト・イントロ―海外ファンメイド映像

  10. ゲームで赤十字マーク使用禁止?インディー作品が英国赤十字社から違反通告受ける

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top