ハードコアゲーマーのためのWebメディア

蟻シム『Ant Simulator』が開発中止―元同僚が開発資金を使い込み【UPDATE】

ゲーム文化 インディーゲーム

蟻シム『Ant Simulator』が開発中止―元同僚が開発資金を使い込み【UPDATE】
  • 蟻シム『Ant Simulator』が開発中止―元同僚が開発資金を使い込み【UPDATE】

インディーデベロッパーETeeskiのリードプログラマーEric Tereshinski氏が蟻の生活体験シム『Ant Simulator』の開発中止を伝える映像を投稿、その悲惨な理由に注目が寄せられています。

Tereshinski氏は映像で、『Ant Simulator』の開発を中止せざるを得なくなったと発表。理由は、11年来の友人で、1年半前にLLC契約を結んだ2人のビジネスパートナーが、『Ant Simulator』の開発資金や、他のプロジェクトで集めたKickstarter資金を無断で使い込んでいたことが発覚したため。レストランやバーでの飲食、挙句はストリップなどに使われたと説明しています。

さらに最悪なことに2人はETeeskiを退職後、Tereshinski氏がETseeki LLCとして開発していた『Ant Simulator』やゲーム開発解説映像シリーズ「Ultimate Game Dev Tutorials」の権利がLLC契約の一部として含まれていると主張。Tereshinski氏ひとりで『Ant Simulator』の開発を進めてリリースした場合、二人は同氏を訴えると言われたことも説明しています。合法的な権利主張であるため、Tereshinski氏は『Ant Simulator』の開発を諦め、ETseeki LLCと契約を交わしたあとに公開したYouTube映像も削除する必要があることを明かしました。

Tereshinski氏はこの件に関して訴訟を検討しましたが、開発資金の使い込みには「ビジネスミーティングのため」という理由を証明する書類が用意されていたとのこと。例え訴訟をしても、現状を打破できる可能性は低く、弁護士費用と多くの時間が無駄に費やされることになると語りました。

また、同氏は今後についても語っており、Kickstarterプロジェクトで資金を集めた「Ultimate Game Dev」は、後退することになったものの続行。『Ant Simulator』の開発は出来ませんが、ゲーム開発を続けていくと伝えています。

UPDATE(2/2 21:00): 本件について、当事者である元同僚の2人の反論を掲載しました。併せてご覧ください。
《水京》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 30 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. ダンボール同士が殺しあう対戦シューター『What The Box?』インプレッション

    ダンボール同士が殺しあう対戦シューター『What The Box?』インプレッション

  2. 『モンスターワールドII』リメイク版の開発映像に生みの親の西澤龍一が!

    『モンスターワールドII』リメイク版の開発映像に生みの親の西澤龍一が!

  3. 海外カジノにてビデオゲーム型のギャンブルマシンが今秋登場!―第1弾はスキルベースのFPSに

    海外カジノにてビデオゲーム型のギャンブルマシンが今秋登場!―第1弾はスキルベースのFPSに

  4. ホラー界新星『Year Of The Ladybug』日本語字幕トレイラー!主人公は連続殺人犯

  5. クビになった会社員がオフィスで大暴れ!新作ACT『Office Freakout』配信中

  6. 海外プロレスWWEで『ロックマン』風の入場曲が流れる―海外公式Twitterも反応

  7. 悪夢のインディー新作『Year Of The Ladybug』初トレイラーが1週間延期

  8. 狂気に支配される新作『Year Of The Ladybug』初のトレイラー遂に公開

  9. ブリーフ姿で戦う実写格ゲー『Brief Karate Foolish』がSteam Greenlightに出現!

  10. 【TGS 2016】会場を飾る美人コンパニオンさんを紹介!1日目

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top