『NBA2K』販売元のTake-Two、NBA選手の「タトゥー」無断利用で提訴受ける | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『NBA2K』販売元のTake-Two、NBA選手の「タトゥー」無断利用で提訴受ける

ニュース ゲーム業界

『NBA2K』販売元のTake-Two、NBA選手の「タトゥー」無断利用で提訴受ける
  • 『NBA2K』販売元のTake-Two、NBA選手の「タトゥー」無断利用で提訴受ける
  • 『NBA2K』販売元のTake-Two、NBA選手の「タトゥー」無断利用で提訴受ける

バスケットゲームシリーズ『NBA2K』販売元のTake-Two InteractiveがNBAプレイヤーの「タトゥー」を無許可で利用したとして、権利保有企業から告訴されたことが海外メディアより報じられています。

ESPNが報じるところによれば、海外企業Solid Oak SketchesはNBA選手レブロン・ジェームズやコービー・ブライアントにあしらわれている「子どもと文章」「鳩」「蝶」などのタトゥーの著作権が侵害されているとして、2月1日にニューヨーク連邦裁判所においてTake-Two Interactiveを提訴したとのこと。Solid Oak Sketchesは昨年末よりNBA選手のタトゥーほぼすべての著作権を所有しているとも伝えられており、Take-Two Interactiveに向けて利用に関する通告を行ったのち、今回の告訴に踏み切ったとのこと。同社はTake-Twoに対しライセンス使用料として110万ドル(約1.3億円)を求めています。

ゲーム業界における「タトゥーの著作権問題」は本件に限ったものではなく、過去にはアリゾナ州在住のタトゥーアーティストが『UFC Undisputed 3』登場タトゥーを「著作権侵害」として告訴していた例も見られていました。渦中の『NBA2K』についてTake-Twoから正式なコメントは寄せられておらず、続報が待たれる状況です。
《subimago》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『FFXV』限定特典の『A KING'S TALE: FFXV』、国内向けの無料配信も明らかに

    『FFXV』限定特典の『A KING'S TALE: FFXV』、国内向けの無料配信も明らかに

  2. 噂: 『クラッシュ・バンディクー』リマスター3部作はPS4時限独占か

    噂: 『クラッシュ・バンディクー』リマスター3部作はPS4時限独占か

  3. 『オーバーウォッチ』新ヒーローに更なる言及―海外情報【UPDATE】

    『オーバーウォッチ』新ヒーローに更なる言及―海外情報【UPDATE】

  4. 豪州にてSteam販売価格に消費税導入、日本でも3月から開始か

  5. 名作MMORPG『Anarchy Online』がSteamに降臨!

  6. 『レインボーシックス シージ』不具合修正のパッチ2.1.1が配信決定【UPDATE】

  7. 『オーバーウォッチ』24人目のヒーローは11歳の天才少女?公式ブログにて新情報【UPDATE】

  8. 『Horizon Zero Dawn』PS4とPS4 Proの比較映像―より立体的に描写されている!

  9. 今さら聞けない『Minecraft』のはじめかた ― 登録から購入、起動までの導入編

  10. 【特集】『主人公が無言の名作ゲーム』10選

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top