『NBA2K』販売元のTake-Two、NBA選手の「タトゥー」無断利用で提訴受ける | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『NBA2K』販売元のTake-Two、NBA選手の「タトゥー」無断利用で提訴受ける

ニュース ゲーム業界

『NBA2K』販売元のTake-Two、NBA選手の「タトゥー」無断利用で提訴受ける
  • 『NBA2K』販売元のTake-Two、NBA選手の「タトゥー」無断利用で提訴受ける
  • 『NBA2K』販売元のTake-Two、NBA選手の「タトゥー」無断利用で提訴受ける

バスケットゲームシリーズ『NBA2K』販売元のTake-Two InteractiveがNBAプレイヤーの「タトゥー」を無許可で利用したとして、権利保有企業から告訴されたことが海外メディアより報じられています。

ESPNが報じるところによれば、海外企業Solid Oak SketchesはNBA選手レブロン・ジェームズやコービー・ブライアントにあしらわれている「子どもと文章」「鳩」「蝶」などのタトゥーの著作権が侵害されているとして、2月1日にニューヨーク連邦裁判所においてTake-Two Interactiveを提訴したとのこと。Solid Oak Sketchesは昨年末よりNBA選手のタトゥーほぼすべての著作権を所有しているとも伝えられており、Take-Two Interactiveに向けて利用に関する通告を行ったのち、今回の告訴に踏み切ったとのこと。同社はTake-Twoに対しライセンス使用料として110万ドル(約1.3億円)を求めています。

ゲーム業界における「タトゥーの著作権問題」は本件に限ったものではなく、過去にはアリゾナ州在住のタトゥーアーティストが『UFC Undisputed 3』登場タトゥーを「著作権侵害」として告訴していた例も見られていました。渦中の『NBA2K』についてTake-Twoから正式なコメントは寄せられておらず、続報が待たれる状況です。
《subimago》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 18禁アダルトゲームもSteamに登場か?海外ユーザー質問にValve社CEOが返答

    18禁アダルトゲームもSteamに登場か?海外ユーザー質問にValve社CEOが返答

  2. ゲイブ氏「最適なコンテンツ表示機能の強化が必要」―Steamリリース数の急激な増加について

    ゲイブ氏「最適なコンテンツ表示機能の強化が必要」―Steamリリース数の急激な増加について

  3. Valveが本格的シングルプレイゲームを開発中―『Half-Life 3』中止の噂は「信じる」

    Valveが本格的シングルプレイゲームを開発中―『Half-Life 3』中止の噂は「信じる」

  4. Valveのゲイブ・ニューウェルが米長者番付でトランプ大統領やスピルバーグ超え―純資産41億ドル

  5. Valveの未発表新製品は「Source 2」採用、エンジンは今後も提供継続へ

  6. 映画版『Half-Life』『Portal』は現在も製作中、Valve創設者ゲイブが改めて報告

  7. 任天堂、「ファイアーエムブレム Direct」を実施! スマホ向け最新作やシリーズ新情報も

  8. 海外産ターン制ロボアクション『DUAL GEAR』がクラウドファウンディング開始―カスタム要素も実装

  9. 武骨サバイバル『Conan Exiles』PC版は完全Modサポート!

  10. 『レインボーシックス シージ』Year 2ロードマップ!韓国/スペイン/香港/ポーランドから参戦

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top