“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

Windows StoreでのアプリDLはゲーム系が多数を占める―アクションアドベンチャー系が人気

Windows StoreでのアプリDLはゲーム系が多数を占める―アクションアドベンチャー系が人気

February 05, 2016(Fri) 20:30 / by G.Suzuki


全世界のWindowsデバイスにおけるカテゴリ別ダウンロード集計表

Microsoftは、Windowsデバイス向けストア「Windows Store」の2015年10月から2015年12月における最もダウンロードされたアプリのカテゴリー別集計を公開しました。

今回発表されたアプリ別カテゴリー表は全世界のWindowsデバイスにおける統計です。最も人気を集めるのがゲーム系で約32%、次にユーティリティとツール系が15%、写真と映像が約9%、音楽とソーシャルが約8%、エンターテインメントが約6%の人気順に並べられています。

さらにゲームにおけるサブカテゴリーでは、アクションとアドベンチャーが約28%と全体で最も多く占めており、次にパズルとトリビアが約14%、レーシングとフライトが約12%、ファミリーとキッズが約8%、ストラテジーが約7%、シューターが約6%、カードとボードゲームが約5%、RPGが約3%、シミュレーションが約3%の順番で並んでいます。


全世界のWindowsデバイスにおけるゲームジャンル別集計

また12月アプリ内課金では、ゲームカテゴリーが最も多く85%以上を占めています。ジャンル別課金では、パズルとトリビア系が38%、アクションアドベンチャーが15%、ストラテジー系が13%と続いています。


全世界のWindowsデバイスにおけるアプリ内課金集計表

他にも、多く有料/アプリ内課金で支払っている国別統計では、米国と英国、そして独が挙げられています。またストアで多くダウンロードされた言語のアプリは英語とスペイン語のようです。


最も多くダウンロードした国家


最も多くダウンロードされた言語

日本は2015年におけるApp Annieの調査において、iOS/Androidのアプリ売上全体の90%を占めていると報告されていましたが、このWindows Store上ではランキングへ入っていないことに注目です。Windows 8/10の普及率や、ストアの知名度などがその原因に当てはまるのかもしれません。なお、Windows StoreではMicrosoftが販売するPC版『Rise of the Tomb Raider』などがリリースされています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


評価の高いコメント

  • 2016年2月6日 08:20:37 ID: rhOnRx7C/ptV
    11 スパくんのお友達さん
    通報する

    >>6
    appleが全てを支配してるmacや自己責任のlinuxに移ってもいいんだよ
    君の望みがそれでかなうのなら

  • 2016年2月6日 05:40:39 ID: iujilZBEn3CE
    6 スパくんのお友達さん
    通報する

    MSがwinでOSごと支配している世界でストアまで独占されたくないわ
    steamならまだ、対抗、自社サービスが存在しているけど
     
    それこそ、誰も逆転できない 永遠の独占状態になるでしょ

  • 2016年2月6日 05:22:42 ID: kESBI0tfru79
    5 スパくんのお友達さん
    通報する

    >Steamは好きだし圧倒的に便利だが、この独占状態が続いたらロクなことにならない

    Steamの心配なんてしてないでXBOX売りたいから
    PCでHaloハブりますForzaハブりますという己の歪んだ方針を改めろと

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 20 件

no image