ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外アーティスト達による『クロノ・トリガー』全81曲アレンジアルバム―国内から購入可能

ゲーム文化 ホビー・グッズ

海外アーティスト達による『クロノ・トリガー』全81曲アレンジアルバム―国内から購入可能
  • 海外アーティスト達による『クロノ・トリガー』全81曲アレンジアルバム―国内から購入可能

1995年にSFC用タイトルとしてスクウェア(現・スクウェア・エニックス)から発売されたRPG『クロノ・トリガー』。海外アーティストたちが本作の音楽をアレンジしたアルバム「Chronicles of Time」を発売しました。

本アルバムは、200名以上のミュージシャンと13人のビジュアルアーティストたちが結集して作り上げたトリビュートアルバムです。全81曲の壮大な楽曲は、『クロノ・トリガー』作中の時代ごとに5枚分のディスクに分割。また、現代はジャズ、原始時代はロック、古代はシンセサイザー、といった時代別に異なるアレンジを加えています。

なお、「Chronicles of Time」は完全なライセンスを取得しており、本作の販売によって得られた収益は「国境なき医師団」へ寄付されるとのことです。

『クロノ・トリガー』トリビュートアルバム「Chronicles of Time」は、iTunes(19.99ドル)とLoudr(20ドル)で販売中。また、国内iTunesからも3,000円で購入可能です。
《秋夏》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 6 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『オーバーウォッチ』の「Nepal」マップはこんな構造だったのか!―エリア外に進入できるグリッチで判明

    『オーバーウォッチ』の「Nepal」マップはこんな構造だったのか!―エリア外に進入できるグリッチで判明

  2. 【コラム】『ファイナルファンタジーXV』と「リアル」の変質

    【コラム】『ファイナルファンタジーXV』と「リアル」の変質

  3. 『シェンムー3』サブディレクターとしてシリーズ主要スタッフ岡安啓司氏が参加

    『シェンムー3』サブディレクターとしてシリーズ主要スタッフ岡安啓司氏が参加

  4. 映画版『アンチャーテッド』脚本家としてジョー・カーナハン参加、「特攻野郎Aチーム」など製作経験

  5. まさに寝落ち!『オーバーウォッチ』でアナに眠らされ続けてサーバーから強制退場

  6. ドキュメンタリー「Branching Paths」国内配信開始―日本インディーゲーム界を今を描く

  7. 錦糸公園、鶴舞公園など『ポケモンGO』人気スポットにトレーナー殺到

  8. ライトニングは実在した…?あまりにも本気すぎる『FF13』コスプレ

  9. SF青春ADV『ライフ イズ ストレンジ』実写映像シリーズが製作決定

  10. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top