『Gears of War 4』は「グラフィック処理のショウケース的作品」になる―プロデューサー語る | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Gears of War 4』は「グラフィック処理のショウケース的作品」になる―プロデューサー語る

家庭用ゲーム Xbox One

『Gears of War 4』は「グラフィック処理のショウケース的作品」になる―プロデューサー語る
  • 『Gears of War 4』は「グラフィック処理のショウケース的作品」になる―プロデューサー語る
  • 『Gears of War 4』は「グラフィック処理のショウケース的作品」になる―プロデューサー語る

The Coalitionが開発を担当し、2016年秋にも発売予定のシリーズ最新作『Gears of War 4』。プロデューサーRod Fergusson氏はOfficial Xbox Magazineと複数の海外メディアを通じて、同作開発におけるアプローチについてコメントし、Xbox Oneのグラフィックス処理能力を駆使したものになると語りました。

Nerdleaksの報道によれば、Fergusson氏はシリーズで初となる「60fpsでのマルチプレイモード」実装は開発チームにとっても重要なファクターになったと語りながら、『Gears of War 4』においてもそのグラフィックスを発揮していく方針を示したとのこと。Fergusson氏は60fps動作を備えた作品として『Halo 5: Guardians』の名も挙げながら、「Xbox 360版初代『Gears of War』がかつてそうだったように、『Gears of War 4』もXbox Oneが持つグラフィックス能力のショウケース的作品となる」と述べました。

2015年6月のE3で初披露された『GoW 4』は、今年春にもマルチプレイモードのベータテストを実施予定。また、公式WebサイトではE3ティーザー映像に加えて壁紙、スクリーンショットを公開中です。
《subimago》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 36 件

編集部おすすめの記事

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『人喰いの大鷲トリコ』プレイレポ―無償の愛に心震え、涙が止まらない

    『人喰いの大鷲トリコ』プレイレポ―無償の愛に心震え、涙が止まらない

  2. 国内PS4版『Fallout 4』が遂にMod対応!最新アップデート配信

    国内PS4版『Fallout 4』が遂にMod対応!最新アップデート配信

  3. 『ストリートファイターV』世界王者NuckleDu選手にヒーローインタビュー!

    『ストリートファイターV』世界王者NuckleDu選手にヒーローインタビュー!

  4. 『Crackdown 3』は2017年ホリデーに発売予定―Project Scorpioでの4K動作も

  5. リマスター版『クラッシュ・バンディクー』海外ゲームプレイ―アクアクも鮮やか!

  6. 『The Last of Us Part II』共同脚本にドラマ版「ウエストワールド」脚本家が参加

  7. 『FINAL FANTASY VII REMAKE』の発売日、対応機種、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ

  8. 『FFXV』×「カップヌードル」の“コラCM”が公開!リヴァイアサンがスープの海から登場!?

  9. 【攻略特集】『オーバーウォッチ』全21ヒーロー解説まとめ!

  10. 『ストリートファイターV』に「豪鬼」と新キャラクター5人を含む新たなシーズンパスが登場!

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top