ハードコアゲーマーのためのWebメディア

美しくも困難な2Dアクション『MOMODORA: 月下のレクイエム』がSteam/PLAYISMで配信

PC Windows

美しくも困難な2Dアクション『MOMODORA: 月下のレクイエム』がSteam/PLAYISMで配信
  • 美しくも困難な2Dアクション『MOMODORA: 月下のレクイエム』がSteam/PLAYISMで配信
  • 美しくも困難な2Dアクション『MOMODORA: 月下のレクイエム』がSteam/PLAYISMで配信
  • 美しくも困難な2Dアクション『MOMODORA: 月下のレクイエム』がSteam/PLAYISMで配信
  • 美しくも困難な2Dアクション『MOMODORA: 月下のレクイエム』がSteam/PLAYISMで配信
  • 美しくも困難な2Dアクション『MOMODORA: 月下のレクイエム』がSteam/PLAYISMで配信
  • 美しくも困難な2Dアクション『MOMODORA: 月下のレクイエム』がSteam/PLAYISMで配信
3月4日より、少数精鋭のインディーズディベロッパーBombserviceが製作する『Momodora』シリーズ最新作となる『MOMODORA: 月下のレクイエム』がゲームプラットフォームSteamPLAYISMにて販売開始しました。


世界を覆う呪いから自分の村を守るため、女司祭カホが挑む『MOMODORA: 月下のレクイエム』では、グラフィックが大幅に向上。また、開発陣が力を入れたとするアクションシーンからは、『DARK SOULS』シリーズを彷彿とさせるハードなゲーム感と、従来の横スクロールアクションゲームとはひと味違った、近接戦闘、遠距離攻撃、緊急回避、すべてを必要とする密度の高い戦闘が味わえます。




自己強化して敵に挑んでいく“メトロイドヴァニア”系らしいプレイスタイルも可能ですが、多彩なアイテムや呪文を利用した攻略も可能です。なお、日本語ローカライズ済みで、物語の時間軸は各シリーズよりも前のものとなっているため、始めやすい部分も嬉しいところ。システム要件は以下のとおり。

    ■最低スペック
    OS:Windows7
    プロセッサ:1.2Ghzかそれ以上
    メモリー:2GB RAM
    グラフィックス:256 MB
    必須容量:200 MB以上
    ■推奨スペック
    OS:Windows7
    プロセッサ:2Ghz
    メモリー:2GB RAM
    グラフィックス:1 GB(ピクセルシェーダーをサポートのもの)
    必須容量:200 MB以上

Steam、PLAYISMともに3月12日までのスペシャルプロモーション中につき、価格は本体のみで882円。オリジナルサウンドトラックのセットは1,062円となっており、単品で購入した場合は268円から。PLAYISMでの購入者にはSteamキーももれなく提供されます。
《scarecrow》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 12 件

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. ギーガーやベクシンスキーを思わせる新作ホラー『Scorn』最新ティーザー!―不気味すぎる世界観

    ギーガーやベクシンスキーを思わせる新作ホラー『Scorn』最新ティーザー!―不気味すぎる世界観

  2. 『リーグ・オブ・レジェンド』時間帯限定の5v5チームランク戦が実装

    『リーグ・オブ・レジェンド』時間帯限定の5v5チームランク戦が実装

  3. 【UPDATE】PC版『オーバーウォッチ』新パッチ配信!待望の「ライバル・プレイ」追加

    【UPDATE】PC版『オーバーウォッチ』新パッチ配信!待望の「ライバル・プレイ」追加

  4. SteamモバイルアプリがWindows携帯端末でもリリース―モバイル認証が可能に

  5. CygamesのTCG『Shadowverse』PC版がSteam Greenlightに登録、クロスプレイ対応か

  6. 『Overwatch』ランクマッチの離脱ペナルティーには「シーズン中BAN」も―PTR参加者報告

  7. 恐怖の鬼ごっこ対戦ホラー『Dead by Daylight』初週販売27万本突破

  8. 殺人鬼vs若者の非対称ホラー『Dead by Daylight』発売日決定!―最新映像も

  9. 『BF1』の戦闘を全アングルで!爆撃機に戦車、ドでかい飛行船内部も

  10. 『サドンアタック2』のブランドサイト更新!開発スタジオ現場レポ映像も

アクセスランキングをもっと見る

page top