ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

90年代のポリゴン風ADV『Back in 1995』配信日決定―「Unite 2016 Tokyo」プレイアブル出展の情報も

90年代のポリゴン風ADV『Back in 1995』配信日決定―「Unite 2016 Tokyo」プレイアブル出展の情報も

March 11, 2016(Fri) 14:49 / by 真ゲマ


インディーゲームスタジオのThrow the warped code outは、90年代のポリゴンモデルを再現したPC向けアドベンチャーゲーム『Back in 1995』をSteamにて2016年4月より配信します。

本作は、20年前のポリゴン黎明期のミステリーアドベンチャーを再現した国産インディーゲームです。ブラウン管に映る、当時のゲーム画面を再現するために、グラフィックの低解像度化やキャラクターのローポリゴン化、テクスチャを粗くするなどの「デチューン」を行い、ゲームの世界観をプレイヤーの想像力で補完するゲームプレイを楽しめるようになっています。

なお、2016年4月4日(月)~5 日(日)にかけて開催される「Unite 2016 Tokyo」にて、『Back in 1995』の開発者である一條 貴彰氏が、『Unity を使った個人ゲーム開発における「収益化」の現状と未来(仮)』というテーマで講義を行います。また、会場内に常設される展示コーナー、”Made with Unity”にて、最新バージョンの本作をプレイアブル展示する予定なので、興味のある人は会場に足を運んでみてはいかがでしょうか。詳しい情報はこちらのページを参考してください。


    ■『Back in 1995』概要

    ジャンル:3D ミステリーアドベンチャー
    プレイ人数:1人
    価格:未定
    発売時期:2016 年 4 月
    対応機種:PC/Mac/Linux (SteamTM)
    公式ウェブサイトhttp://backin1995.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

評価の高いコメント

  • 2016年3月11日 15:48:41 ID: 2RCJhU0xddKa
    2 スパくんのお友達さん
    通報する

    これついに配信されるのか。一人で作ってるんだよな。
    見た目がローポリなだけの、なんちゃってレトロじゃなくて
    PS特有の描画精度の悪さや、Zソートに起因するポリゴン割れなんかの仕様
    Unityで追求しているという、いい意味で頭のおかしい作品。

  • 2016年3月12日 00:22:34 ID: xMgiOjYKtKLE
    4 スパくんのお友達さん
    通報する

    体験に進化が無い
    アーカイブスで良くないか

  • 2016年3月11日 19:07:16 ID: fDKeHmXHeNFq
    3 スパくんのお友達さん
    通報する

    こういうゲームを作る人が語る収益化ってどんな感じなんだろう

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 4 件

no image