ハードコアゲーマーのためのWebメディア

国内インディーゲーム祭典「BitSummit 4th」が京都で7月開催決定、ブース出展募集開始

ゲーム文化 インディーゲーム

国内インディーゲーム祭典「BitSummit 4th」が京都で7月開催決定、ブース出展募集開始
  • 国内インディーゲーム祭典「BitSummit 4th」が京都で7月開催決定、ブース出展募集開始
  • 国内インディーゲーム祭典「BitSummit 4th」が京都で7月開催決定、ブース出展募集開始
  • 国内インディーゲーム祭典「BitSummit 4th」が京都で7月開催決定、ブース出展募集開始
日本インディペンデント・ゲーム協会(JIGA)は、2016年7月9日(土)と7月10日(日)の2日間、京都市勧業館「みやこめっせ」で、「BitSummit 4th(フォース)」を開催すると発表しました。日本のインディーゲーム祭典である同イベントは、今年で4回目の開催。発表にともなって、公式サイトがオープン、出展企業の募集が開始されています。

Game*Sparkでも多数の取材記事を掲載した昨年の「BitSummit 2015 Return of the Indies」では、国内外の80作以上の個性的なインディーゲームが展示。5,000人を超えるゲームファンが足を運んだそうです。また、昨年に続いて、海外で数々の大型イベントに展開している「Indie MEGABOOTH」と、「京都府 商工労働観光部ものづくり振興課」がパートナーとして参入するということです。

「BitSummit 2015 Return of the Indies」においては、小規模なインディークリエイターのみならず、SCEやMicrosoft、Unityといった大手企業が出展した他、稲船敬二氏や吉田修平氏、Valveなど業界人のキーノートも注目を浴びました。

JIGAの発表によれば、2015年は80の出展ブース枠に対して200近いエントリーがあったとのことで、今年も選りすぐりのインディーゲームが集まることになりそうです。
《Rio Tani》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. バイオレンスシューター『Hatred』の一人称化Modが登場!―さらに過激な体験に

    バイオレンスシューター『Hatred』の一人称化Modが登場!―さらに過激な体験に

  2. 初代『Quake』生誕20周年記念で新エピソードが配信!―Machine Gamesが制作

    初代『Quake』生誕20周年記念で新エピソードが配信!―Machine Gamesが制作

  3. チートじゃないから!『Overwatch』17歳の韓国女性プロが実演プレイで不正疑惑を晴らす

    チートじゃないから!『Overwatch』17歳の韓国女性プロが実演プレイで不正疑惑を晴らす

  4. 地獄が溢れだしたような悪夢…謎の新作『Year Of The Ladybug』が制作進行中

  5. もし『The Witcher 3』が名作ノワール映画になったら…渋過ぎる海外アート集

  6. 『CoD:IW』敵役は「ゲーム・オブ・スローンズ」キット・ハリントン!モーキャプ風景も

  7. 『Skyrim』向け大型Mod「Skywind」最新映像!―『Morrowind』の世界が美しく蘇る

  8. 本日の一枚『"胸囲"の再現!ララ・クロフトコス』

  9. リマスターPC版『TES V: Skyrim Special Edition』は既存Modにも「基本的に対応」

  10. 少女が描いた『オーバーウォッチ』新キャラをブリザードがイラスト化!

アクセスランキングをもっと見る

page top