国内インディーゲーム祭典「BitSummit 4th」が京都で7月開催決定、ブース出展募集開始 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

国内インディーゲーム祭典「BitSummit 4th」が京都で7月開催決定、ブース出展募集開始

ゲーム文化 インディーゲーム

国内インディーゲーム祭典「BitSummit 4th」が京都で7月開催決定、ブース出展募集開始
  • 国内インディーゲーム祭典「BitSummit 4th」が京都で7月開催決定、ブース出展募集開始
  • 国内インディーゲーム祭典「BitSummit 4th」が京都で7月開催決定、ブース出展募集開始
  • 国内インディーゲーム祭典「BitSummit 4th」が京都で7月開催決定、ブース出展募集開始
日本インディペンデント・ゲーム協会(JIGA)は、2016年7月9日(土)と7月10日(日)の2日間、京都市勧業館「みやこめっせ」で、「BitSummit 4th(フォース)」を開催すると発表しました。日本のインディーゲーム祭典である同イベントは、今年で4回目の開催。発表にともなって、公式サイトがオープン、出展企業の募集が開始されています。

Game*Sparkでも多数の取材記事を掲載した昨年の「BitSummit 2015 Return of the Indies」では、国内外の80作以上の個性的なインディーゲームが展示。5,000人を超えるゲームファンが足を運んだそうです。また、昨年に続いて、海外で数々の大型イベントに展開している「Indie MEGABOOTH」と、「京都府 商工労働観光部ものづくり振興課」がパートナーとして参入するということです。

「BitSummit 2015 Return of the Indies」においては、小規模なインディークリエイターのみならず、SCEやMicrosoft、Unityといった大手企業が出展した他、稲船敬二氏や吉田修平氏、Valveなど業界人のキーノートも注目を浴びました。

JIGAの発表によれば、2015年は80の出展ブース枠に対して200近いエントリーがあったとのことで、今年も選りすぐりのインディーゲームが集まることになりそうです。
《Rio Tani》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. ゲームで赤十字マーク使用禁止?インディー作品が英国赤十字社から違反通告受ける

    ゲームで赤十字マーク使用禁止?インディー作品が英国赤十字社から違反通告受ける

  2. 『The Last of Us』ファンメイド実写映像!大量クリッカーが迫る恐怖…

    『The Last of Us』ファンメイド実写映像!大量クリッカーが迫る恐怖…

  3. 『ARK: Survival Evolved』のポケモンModがSteamワークショップに投稿される

    『ARK: Survival Evolved』のポケモンModがSteamワークショップに投稿される

  4. これはゲームじゃありません!?パルクールを上空から撮ったオシャレ映像

  5. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  6. 感染者は誰だ!『Deceit』正式配信日決定―疑惑の偽りマルチシューター

  7. シリーズ最新作『GUILTY GEAR Xrd REV 2』制作決定! 今春アーケードに登場、家庭用版も予定…1月20日からロケテも開催

  8. タワーディフェンス『Defense Grid』がボードゲーム化!Kickstarter計画中

  9. 【年末年始企画】ファミコンカセットの電池交換とお掃除大作戦!

  10. 人気RPG『Undertale』で締めくくり―がん防止チャリティイベントの寄付額が220万ドル突破

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top