“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

『The Division』ニューヨーク再現度は如何ほど?比較写真が登場

『The Division』ニューヨーク再現度は如何ほど?比較写真が登場

March 14, 2016(Mon) 19:55 / by G.Suzuki

先日国内でもリリースされたUbisoftのオンラインRPG『The Division(ディビジョン)』ですが、本作のゲーム内で登場するニューヨークの建造物と現実のものを比べる写真が海外メディアMashableで公開されています。

今回比較されたスポットは、フラットアイアンビルディング、マディソン・スクエア・ガーデン、ブライアント・パーク、ニューヨーク公共図書館、ディビジョンエージェント達の拠点となる中央郵便局、ロックフェラーセンター、タイムズスクエアとタイムズスクエアのTKTSの8つ。拠点としてよく訪れる中央郵便局を比較することで多少のアレンジが加えられているのが確認できますが、基本的には建物の構造と位置がほぼ正確に再現されていることがわかります。


フラットアイアンビルディング


マディソン・スクエア・ガーデン


ブライアント・パーク


ニューヨーク公共図書館


中央郵便局


ロックフェラーセンター


ロックフェラーセンター


タイムズスクエア


タイムズスクエアのTKTS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


評価の高いコメント

  • 2016年3月14日 20:32:12 ID: rK5NzCq5SX02
    4 スパくんのお友達さん
    通報する

    ダークゾーンの中の荒廃っぷり凄い好き。
    ビルがまるごとビニールみたいなので封鎖されてたり、何か知らんがとにかくヤバイ事あったんだなってよく伝わる。
    自由に散歩出来るエリアじゃないけどね…

  • 2016年3月14日 20:12:06 ID: 8YrNcTnmyfPP
    2 スパくんのお友達さん
    通報する

    崩壊したNY歩く為だけに8000円払った価値はあったなあ
    ゲームもそこそこ面白いけどね

  • 2016年3月14日 20:36:41 ID: 7EV4KnlAKjJj
    5 スパくんのお友達さん
    通報する

    街もだけど天候表現も良い
    まさかゲームでホワイトアウト見るとは思わなかった

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 21 件

no image