ハードコアゲーマーのためのWebメディア

日本語版『ファークライ プライマル』は「古代語」をそのまま使用―音声は字幕のみの翻訳に

家庭用ゲーム PS4

日本語版『ファークライ プライマル』は「古代語」をそのまま使用―音声は字幕のみの翻訳に
  • 日本語版『ファークライ プライマル』は「古代語」をそのまま使用―音声は字幕のみの翻訳に

ユービーアイソフトは、石器時代を舞台にしたサバイバルアクションアドベンチャー最新作『ファークライ プライマル(Far Cry PRIMAL)』の音声部分のローカライズ仕様を発表しました。

本作の日本語版では、中央ヨーロッパで使われたという設定を基にケンタッキー大学の助教授と専門家チームを借りて作り上げた、Ubisoftオリジナルの「古代語」をそのまま使用しているため、字幕のみが翻訳された形となるとのこと。

以下公式FAQに掲載された解説です。

    Q.日本語ローカライズはされていますか?

    A.日本語ローカライズは字幕で対応しています。音声は、石器時代というゲームの世界感を再現するために、「ファークライ プライマル」のために開発したオリジナルの「古代語」を使用しています。「ファークライ プライマル」の舞台は、紀元前1万年の石器時代の中央ヨーロッパです。紀元前1万年の世界では、今は絶滅した「インド・ヨーロッパ祖語」を使用していたというリアリティーを追及した結果、ケンタッキー大学の助教授を中心とした専門家チームの力を借りて、ゲームのために「インド・ヨーロッパ祖語」をもとにしたオリジナルな言語を作りました。

なお先日には、本作のゴア/性的表現などの規制内容が発表されていました。本作は国内でPC/PS4/Xbox One向けに4月7日に発売予定。価格は、PS4/Xbox Oneパッケージ版が8,400円(税別)、PC/PS4/Xbox Oneダウンロード版が7,500円(税別)です。
《G.Suzuki》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 35 件

編集部おすすめの記事

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. オープンワールドに進化した『討鬼伝2』プレイレポ─“鬼”の手を使い、三次元アクションを駆使して戦え

    オープンワールドに進化した『討鬼伝2』プレイレポ─“鬼”の手を使い、三次元アクションを駆使して戦え

  2. 『FF15』ハンズオン展示!スクウェア・エニックス、gamescom 2016出展ラインナップ発表

    『FF15』ハンズオン展示!スクウェア・エニックス、gamescom 2016出展ラインナップ発表

  3. コナミとFCバルセロナがパートナー契約を締結、『ウイイレ2017』にホームスタジアムなど収録

    コナミとFCバルセロナがパートナー契約を締結、『ウイイレ2017』にホームスタジアムなど収録

  4. 【攻略特集】『オーバーウォッチ』全21ヒーロー解説まとめ!

  5. 『FINAL FANTASY VII REMAKE』の発売日、対応機種、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ

  6. 『INSIDE』序盤30分ゲームプレイ映像!『Limbo』開発元の新作

  7. 『Fallout 4』Vault建築運営DLC『Vault-Tec Workshop』のディテール公開―追加クエストも!

  8. PS4版『No Man's Sky』オンライン要素にPS Plusは不要―海外報道

  9. 最新映像も!『No Man's Sky』について知っておくべき41のこと

  10. PC/PS4/XB1版『Marvel: Ultimate Alliance』2作品が発表、海外で今週リリース

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top