ハードコアゲーマーのためのWebメディア

日本代表mattun選手、『ハースストーン』APAC冬季選手権で敗れる

ゲーム文化 e-Sports

日本代表mattun選手、『ハースストーン』APAC冬季選手権で敗れる
  • 日本代表mattun選手、『ハースストーン』APAC冬季選手権で敗れる
  • 日本代表mattun選手、『ハースストーン』APAC冬季選手権で敗れる
  • 日本代表mattun選手、『ハースストーン』APAC冬季選手権で敗れる
  • 日本代表mattun選手、『ハースストーン』APAC冬季選手権で敗れる
  • 日本代表mattun選手、『ハースストーン』APAC冬季選手権で敗れる
  • 日本代表mattun選手、『ハースストーン』APAC冬季選手権で敗れる


Hearthstone(ハースストーン)』日本選手権で数々の強敵を打ち破って優勝したmattun選手。ただ一人の日本代表として、3月24日から米国ハリウッドで開催されているアジア太平洋(APAC)冬季選手権に出場しました。



mattun選手は、第1ラウンド、オーストラリアのNaviOOT選手と対戦。NaviOOT選手の得意とするFreeze Mageに苦戦するも、3-1で勝利します。第2ラウンドでは、昨年世界大会まで進出している強豪Pinpingho選手と対峙。WarlockとDruidで一気に2勝してリーチをかけるも、まさかの3連敗を喫して破れてしまいます。



mattun選手はその後Losers Bracketに移行し、決勝への復活をかけて再びNaviOOT選手と勝負。第1ラウンドと打って変わって、ここでは終始押され気味の展開が続き、Murloc PaladinとControl Warriorで2連敗。Freeze Mageに対して一度は勝利するも、最後もFreeze Mageに接戦でとどめを刺せず、試合を落とします。



mattun選手は今回の大会で2016年ハースストーン世界選手権への切符を手にすることができませんでしたが、今後、春や夏にも選手権が開催されるため、引き続き日本人選手の活躍に期待したいところです。
《Rio Tani》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 19 件

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. バイオレンスシューター『Hatred』の一人称化Modが登場!―さらに過激な体験に

    バイオレンスシューター『Hatred』の一人称化Modが登場!―さらに過激な体験に

  2. 初代『Quake』生誕20周年記念で新エピソードが配信!―Machine Gamesが制作

    初代『Quake』生誕20周年記念で新エピソードが配信!―Machine Gamesが制作

  3. 地獄が溢れだしたような悪夢…謎の新作『Year Of The Ladybug』が制作進行中

    地獄が溢れだしたような悪夢…謎の新作『Year Of The Ladybug』が制作進行中

  4. 本日の一枚『"胸囲"の再現!ララ・クロフトコス』

  5. 『CoD:IW』敵役は「ゲーム・オブ・スローンズ」キット・ハリントン!モーキャプ風景も

  6. チートじゃないから!『Overwatch』17歳の韓国女性プロが実演プレイで不正疑惑を晴らす

  7. もし『The Witcher 3』が名作ノワール映画になったら…渋過ぎる海外アート集

  8. 少女が描いた『オーバーウォッチ』新キャラをブリザードがイラスト化!

  9. SIEの吉田修平氏登壇!インディーゲームイベント「BitSummit 4th」の追加情報発表

  10. 巨乳眼鏡っ娘が戦う新作ACT『SMASHING THE BATTLE』がSteam配信―日本語にも対応!

アクセスランキングをもっと見る

page top